コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オードブル オードブル 〈フランス〉hors-d'œuvre

7件 の用語解説(オードブルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オードブル(〈フランス〉hors-d'œuvre)

《作品のほかに、の意》西洋料理で、食欲を促すため、食事の最初に出す軽い料理。前菜(ぜんさい)。オルドーブル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オードブル

西洋料理の前菜。献立の最初に供する料理で,アペリチフのつまみとすることもある。美味・珍味のものを少量出すが,カキ,キャビアメロンなどを1品だけ,あるいは燻製(くんせい),冷肉,生野菜などを盛り合わせたりカナッペにしたりする。
→関連項目前菜ディナーテリーヌフランス料理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

オードブル【hors-d'œuvre(フランス)】

西洋料理のコースで、主となる料理の前に出される軽い料理。前菜。◇直訳は「作品のほかに」となり、献立外の料理の意。「オールドゥーブル」ともいう。⇒フルコース

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オードブル【hors d’œuvre[フランス]】

西洋料理の前菜。原語は〈作品外〉という意味で,食欲をそそるため,主要な料理の前に出される軽い料理をいう。食事の最初に軽い料理を食べる風習はすでにギリシア時代に見られ,ローマ時代には卵,オリーブの実,カキなどとはちみつで割ったブドウ酒とで宴会が始められたという。現在のフランス料理では食事の献立に組み込まれ,あとに続く料理への期待をもたせ,食事の雰囲気を盛り上げる役割を果たすものとして重視される。また,一般には酒のさかなやつまみものもオードブルと呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オードブル【hors-d'œuvre】

西洋料理で、スープの前に出る軽い料理。冷肉・野菜などの取り合わせ。前菜。オールドーブル。 〔原義は、番外料理・献立外料理の意〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オードブル
オードブル

前菜」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オードブル
おーどぶる
hors-d’uvreフランス語

おもな料理が供される前に勧められる小品料理の総称で、一般に前菜と訳されている。イギリスアメリカではアペタイザーappetizer、ロシアではザクースカzakuskaとよばれている。中国料理チエンツァイ(前菜)もオードブルの類に入れられる。
 ギリシア・ローマの古代からあったものとは考えられない。かつてロシアでは会食の前に別室で酒(ウォツカ)を飲む習慣があり、そこで突き出しに出される料理を、しばしばフランスの名司厨(しちゅう)長を呼んでつくらせた。ロシア前菜はこれらの人々によって完成されたという。フランスの前菜は、フランスの家庭から出てきたといわれる。家庭で肉は昼と夕の分をまとめて買い、それが余ることがあると、翌日の昼にはそれがコールドミートとなる。これを人数分に切り分けるが、これだけでは寂しいので、貯蔵品のラディッシュ、オリーブ、チョロギ、ピクルス、ニシンの冷薫、カビィヤール(キャビア)、アンチョビーなど手持ち材料で趣(おもむき)を加える。これが冷前菜である。これに対して、一度火を通した残り物その他を利用して温かく調理した温前菜もある。フランスでは、このように前日の残り物を巧みに利用して、昼食時に勤めから帰ってくる主人に供した。近年は目で見て、舌で味わうことにより食欲をそそるようにつくるようになった。小さく美しい形、繊細な味、巧みな材料の取り合わせ、色彩豊かな盛付け、材料の重複を避けるなど、細かい配慮を必要とする。日本では宴会料理がレストラン、ホテルなどで独自に発達し、昼夜の別なく、献立の最初に供されることが多い。カクテルパーティーのとき、つまみとして少量が独立して供されることもある。[小林文子]

種類


冷前菜
一品料理として用いられる代表的なものに、生カキの殻付き、キャビア、フォアグラ、エスカルゴ、メロンなどがある。
 盛合せ前菜(数種を盛り合わせるもの)には次のようなものがある。
(1)野菜類 トマト、セロリ、キュウリ、ビート、ラディッシュ、アスパラガス、アーティチョーク、マッシュルーム、生シイタケなど。
(2)果物 メロン、パイナップル、グレープフルーツ、アボカド、リンゴ、パパイヤなど。
(3)魚貝類 生で食べるムールガイ、ウニ、アカガイ、アワビ、ミルガイなどのほか、ソースで和(あ)えて用いるエビ、カニ、小魚、ワカサギ、キス、マリネにするニシン、サケ、ワカサギ、キス、ハゼと種類が多い。また、塩漬けのイクラ、キャビア、アンチョビー、缶詰のオイルサーディン、薫製のサケ、ウナギ、カキ、マスも使う。ゼリー寄せではイセエビ、クルマエビなど。
(4)肉類 ローストポーク、ローストチキンに、加工品のハム、ベーコン、ソーセージなど。
 これらのほかにウズラ卵や鶏卵、各種のチーズやピクルスなど、盛り合わせるものは限りなくあって、変化に富んだ冷前菜ができる。[小林文子]
温前菜
温前菜は冷前菜と異なり、軽い肉料理、揚げ物、煮物、焼き物がある。おもな温前菜を次にあげる。
(1)ブッシェbouche パイ皮を一口大に焼いたものに、ソースで和えた鶏肉、エビ、魚などのすり身を詰めた料理。
(2)ブロシェットbrochette 肉などを串(くし)に刺して焼く料理。
(3)クロケットcroquette エビ、カニ、白身の魚、鶏肉、ジャガイモ、その他の野菜などをホワイトソースで和え、小形のコルク栓形に整えてフライにしたもの。形は好みで丸形、俵形など自由である。
(4)バルケットbarquette タルト型にパイ生地(きじ)を敷き、中にソースで和えた魚、エビ、ハムなどを入れて焼いた料理。
(5)コキーユ(コキール)coquille ホタテガイの殻に入れて焼いた料理で、コキーユとはホタテガイのこと。
(6)カナッペcanap 長方形にかたどった食パンに、調理した材料をのせたもので、のせる材料によってその名前を料理名とする。[小林文子]

オードブルの供し方

千利休(せんのりきゅう)のことばのように、ごく冷たいものは冷たく、温かい料理はごく温かく供することが肝要である。前菜用に特別のガラス器、木製その他変化に富んだ器ができている。一品前菜は1品のみを供する。銘々皿にレースペーパーを敷いた上にのせて勧める。とくに生ガキなどは、大皿に砕いた氷とともに盛る。盛合せ前菜の場合は3品、5品、7品というように異なった種類の料理を、仕切りのある器に盛り合わせる。ひと目でたくさんの種類のオードブルが見渡せるように、立体的に変化に富んだ盛付けをすることが望ましい。サラドヘルパー(サラダをとるスプーンとフォーク)は金属製でないものを用いるとよい。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オードブルの関連キーワードアントレ西洋料理前菜フルコースメーンディッシュ《西洋料理指南》《西洋料理通》西洋料理店アミューズブーシュメインディッシュ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オードブルの関連情報