オープン・スクール(読み)おーぷんすくーる(英語表記)open school

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オープン・スクール
おーぷんすくーる
open school
open-plan school

伝統的な教室よりも2~3倍広い教室を使って教育活動を行う幼稚園などの就学前学校や小学校をさす。伝統的なくぎり(壁)を廃止したオープンな教室は、子供たちが自らの興味・要求・動機に基づき、自らの意思でアクセス(接近)できる多様な教授区域に分けられる。

 イギリスの幼児学校から始まったオープン・スクール、あるいはオープン・クラスルームは、児童・生徒を同一の年齢や能力に基づいて一つの大きなスペースに収容する。それは子供たちが個人または集団で自分たちの学習課題を独立して、ないしは教師の援助の下に遂行することを認めるものであり、このようにして一つの教室内で多くの数の学習経験が同時に生まれることになる。力点は、
(1)暖かく、開放的な教師・生徒の関係
(2)非競争的・非抑圧的環境の下での自分のペースにあった自己決定学習
に置かれ、生徒を上から編成することを放棄し、統合された学習時間を保障する。すなわち、決められた時間割に基づく学習よりも、子供の要求・興味・動機が中心となる学習活動を行うのである。

 1940年代にイギリスの私立の就学前学校などで導入されたこの方式は、60年代にアメリカの就学前学校でも一般化するようになった。70年以降日本でも導入され、84年(昭和59)からは文部省(現文部科学省)が「多目的スペース」に補助金を出すようになり、新しいタイプの授業や施設が生み出された。

[神山正弘]

『ジョナサン・コゾル著、石井清子訳『自分の学校をつくろう』(1987・晶文社)』『成田幸夫著『オープンスクールの挑戦 学校をかえる力――緒川小学校・学校改革の軌跡』(1987・ぎょうせい)』『中井良興他編著『オープンスクールをつくる――合橋小学校の改革とその歩み』(1996・川島書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

オープン・スクール

児童生徒の個別的な学習を推進するために学級学年学年制)を解体して,柔軟に教育活動を展開できるように間仕切りのないオープン・スペースを持った学校。この学校では,児童の自主性主体性が尊重されるが,教師の指導性も十分に発揮される。そのため,チーム・ティーチングなど教師相互間の協力的教授組織をとる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のオープン・スクールの言及

【オルタナティブ・スクール】より

…しかし,alternativeという語には〈思想や行動における重要な変化〉というニュアンスがあり,従来の学校教育とは異なった学校を意味する。この種の試みは,近代には〈新教育〉運動などの形で不断にあったが,オルタナティブ・スクールは,1960年代後半にアメリカに起こったフリー・スクールfree school,オープン・スクールopen school,〈壁のない学校〉などとさまざまな名称で呼ばれる学校教育改善の営為を指している。1957年のソ連の大陸間弾道弾,人工衛星打上げの成功に衝撃(スプートニク・ショック)をうけたアメリカは,科学教育を中心に教育・研究の急速かつ全面的な向上をはかった。…

※「オープン・スクール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android