コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カガン(可汗) カガンQaghan; Khaghan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カガン(可汗)
カガン
Qaghan; Khaghan

ハガン」とも読む。遊牧国家の君主の称号。通説では,5世紀初頭にモンゴル高原を統一した柔然の君主がこれを称したのが始りであるという。-gh-が前の音に吸収されて qaan,khaan,qān,khān,qan,khan (カーン,ハーン,カン,ハン,汗) となった。イスラム世界では「ハーン」と称するのが普通。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カガン(可汗)【カガン】

北アジア遊牧民族における君主の称。略してカーン(汗)khanという。→ハーン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のカガン(可汗)の言及

【突厥】より

…呼称はチュルクTürkの音訳で,〈とっけつ〉とも呼ばれる。その君主は可汗またはハガン(カガン)Qaghanと呼ばれる。その下に小可汗(小ハガン),葉護(ヤブグ)などの諸侯がいて,支配階層を形成した。…

【ハーン】より

…ハン,カーン(カン)とも呼ばれる。もともとはアルタイ系のトルコ,モンゴル系の北方遊牧民がモンゴル高原において使っていた称号で,カガンqaghan(漢字の転写で〈可汗〉)ないしは,それがつづまったカンqan(〈汗〉)がもとの形である。4世紀末の柔然の族長,社崙(しやろん)が丘豆伐可汗Kültebüri Qaghanと称したのが史料にみえる最初で,その後,北アジア,中央アジアに建国したトルコ系の突厥帝国内で広く用いられた。…

【モンゴリア】より

…モンゴル人の土地の意。蒙古とも呼ばれる。おもにモンゴル国(156万6500km2)と中国の内モンゴル(蒙古)自治区(110万km2)を併せた領域を指す。
[自然]
 全体として標高1000m前後の高原状をなす草原地帯である。中央部はゴビと呼ばれる乾燥地帯で,砂漠もしくは草の少ない荒地となっている。一般にゴビの北を漠北(外モンゴル),南を漠南(内モンゴル)と呼ぶが,歴史的にモンゴリアを二分する境界線の役割を果たしてきた。…

【遊牧国家】より

…遊牧民族が建てた国家。スキタイ,匈奴(きようど),鮮卑,柔然,エフタル,突厥(とつくつ),ウイグル,契丹,モンゴルその他ユーラシアのステップの遊牧民族が建てた遊牧国家が多く,歴史的にも重要である。中国ではこれを行国と称することがあったが,それはその王以下がすべて定住せず,季節的移動を行っていたことによる。ウイグル以来城郭都市を築いて首都とすることが生じたが,その場合でも王はそこに常居せず,日ごろはその周辺で季節的な移動を行っていたのである。…

※「カガン(可汗)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カガン(可汗)の関連キーワードウチュケン山甘州ウイグルクリルタイウイグル僕固懐恩シャド皇帝