コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキラン

2件 の用語解説(カキランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カキラン

山中の湿地にはえるラン科の多年草北海道〜九州,東アジアに分布。茎は高さ30〜70cm,狭卵形の葉を数枚つけ,基部は紫色を帯びる。花は初夏,茎頂に10個内外つき,径約1.5cm,黄褐色〜黄色で,唇弁(しんべん)にはくびれがある。
→関連項目スズラン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カキラン
かきらん / 柿蘭
[学]Epipactis thunbergii A. Gray

ラン科の多年草。スズランの別名もあるが、ユリ科のものとは異なる。茎は高さ30~80センチメートル。基部には紫紅色を帯びた鞘(さや)状の葉がある。普通葉は披針(ひしん)形で5~15センチメートル、茎の上部に6、7枚つき、基部は茎を抱く。6~7月、頂生花序に3個から十数個の花をつける。花は黄褐色、径1.5センチメートル、唇弁には紫色の脈が目だつ。温帯の湿地や湿った崖(がけ)などに生え、北海道から九州、さらに朝鮮、中国東北部、ウスリーに分布する。この属は世界に約25種あり、日本にはカキランとアオスズランが分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カキランの関連キーワード葵菫沢蘭沢小車水蘭猫の目草野蕗水菜郷麻狸蘭深山鶉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カキランの関連情報