コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキラン

2件 の用語解説(カキランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カキラン

山中の湿地にはえるラン科の多年草北海道〜九州,東アジアに分布。茎は高さ30〜70cm,狭卵形の葉を数枚つけ,基部は紫色を帯びる。花は初夏,茎頂に10個内外つき,径約1.5cm,黄褐色〜黄色で,唇弁(しんべん)にはくびれがある。
→関連項目スズラン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カキラン
かきらん / 柿蘭
[学]Epipactis thunbergii A. Gray

ラン科の多年草。スズランの別名もあるが、ユリ科のものとは異なる。茎は高さ30~80センチメートル。基部には紫紅色を帯びた鞘(さや)状の葉がある。普通葉は披針(ひしん)形で5~15センチメートル、茎の上部に6、7枚つき、基部は茎を抱く。6~7月、頂生花序に3個から十数個の花をつける。花は黄褐色、径1.5センチメートル、唇弁には紫色の脈が目だつ。温帯の湿地や湿った崖(がけ)などに生え、北海道から九州、さらに朝鮮、中国東北部、ウスリーに分布する。この属は世界に約25種あり、日本にはカキランとアオスズランが分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カキランの関連情報