コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カケリ(翔) かけり

世界大百科事典 第2版の解説

かけり【カケリ(翔)】

日本音楽の用語。(1)能では曲中に挿入される比較的テンポの速い囃子事で,笛,小鼓,大鼓によって奏され,緩急の変化がある。シテは《八島》《経政》など,いわゆる修羅道に堕ちた武士の霊である場合と,《三井寺》《隅田川》などの狂女物の場合があり,前者は修羅道での戦闘のありさまを,後者は精神の不安定な状態をあらわすとされている。《善知鳥(うとう)》のように鳥をとらえる特殊な演技を伴うこともある。また流儀によっては別の演技に用いられることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカケリ(翔)の言及

【働事】より

囃子と所作からなる囃子事小段のうち,演者(立役(たちやく),立方(たちかた))が舞台上で表現する所作に,ある程度表意的な要素が含まれるものを働事という。能の働事には,笛(能管),小鼓,大鼓で奏する〈カケリ(翔)〉〈イロエ〉〈切(きり)組ミ〉と,太鼓の入る〈舞働(まいばたらき)〉〈打合働(うちあいばたらき)〉〈イノリ〉,両様の〈立回リ〉の7種がある。〈カケリ〉は武士の霊や狂女などが興奮状態を示すもので,《俊成忠度(しゆんぜいただのり)》《浮舟》《隅田川》《蟬丸(せみまる)》などに用いられる。…

※「カケリ(翔)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カケリ(翔)の関連キーワード働事

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android