コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシライ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシライ

(1) 能楽用語。「会釈」の字をあて,応対または対応を意味する。 (a) 打楽器奏法一種拍子不合 (ひょうしあわず) のの部分や笛なしの囃子の部分に用いられる。規則的なリズム感が感じられない奏法をさすが,後ジテ登場直後や舞の前後などは,「ノルアシライ」というリズム感の明確な奏法を用いることもある。 (b) 笛の奏法の一種。アシライ吹きともいう。謡や打楽器が拍子に合っていても,それに合せず自由に吹流す。 (c) 登場や退場,物着 (ものぎ。舞台上で新たに装束を着ける,あるいは着け替えること) の所作に囃子を伴うこと。「アシライ出し」「アシライ中入」「物着アシライ」など。 (d) 狂言のなかで囃子を演奏すること。拍子合・拍子不合を問わず「狂言アシライ」と通称する。 (e) 謡の稽古や申合せの際,扇拍子で打楽器のリズムをとること。拍子合・拍子不合を問わない。 (f) 動作の型の一種。ある役が他の役へと向くこと。「ワキヘアシラウ」などという。 (g) 間狂言の一種。会釈間 (あしらいあい) のこと。
(2) 長唄や歌舞伎で,三味線や囃子が,拍子に合せながら自由な伴奏を行うこと。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アシライの関連キーワードアシライ[会釈]能の用語大倉流カケリ一声

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android