コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

班女 はんじょ

6件 の用語解説(班女の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

班女
はんじょ

能の曲名。四番目物 (→雑物 ) 。狂女物。各流現行。世阿弥作。美濃国野上の宿の遊女花子 (はなご。シテ〈若女の面,唐織,着流〉) は,東国へ下る途中に立寄った吉田少将を慕い,形見に取りかわした扇に眺め入って客席に出ないため,宿の女主人 (間狂言〈美男鬘,縫箔,女帯〉) に追出される (中入り) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はん‐じょ〔‐ヂヨ〕【班女】

班婕妤(はんしょうよ)のこと。
謡曲。四番目物世阿弥作。恋する吉田少将の残して行った扇を持った遊女の花子(はなご)が、物狂いとなって都へ上り、少将に再会する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

班女 はんじょ

世阿弥(ぜあみ)作の同名の能に登場する遊女。
美濃(みの)(岐阜県)野上(のがみ)の宿(しゅく)で,遊女花子(はなご)は都の吉田少将とちぎり,再会を約して扇を交換した。以来,扇をながめくらし,班女とあだ名される。ついに狂女となり都をさまよいあるくが,少将と再会,狂気もきえる。作品は漢の宮女班婕妤(はん-しょうよ)(班女)の扇の故事をふまえた物狂能。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はんじょ【班女】

能の曲名。四番目物。狂女物。世阿弥作。シテは遊女花子(はなご)(後に狂女)。美濃の野上(のがみ)の宿(しゆく)の遊女花子は,宿に泊まった吉田少将(よしだのしようしよう)と深く契って以来,互いに取り交わした扇にばかり見入って他の客の席に出ないので,女主(あるじ)(アイ)から追い出される。再び野上に来た少将(ワキ)はそのことを知ったが,花子の行方はわからない。都に帰った少将が賀茂の社へ参拝すると,若い狂女(後ジテ)が来かかる(〈カケリ等〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はんじょ【班女】

漢の成帝の女官班婕妤はんしようよのこと。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

班女
はんじょ

能の曲目。四番目物。五流現行曲。漢の成帝の宮女班(しょうよ)(班女)が君寵(くんちょう)の衰えたわが身を秋の扇に例えて詩をつくったという故事を踏まえ、遊女の濃艶(のうえん)、哀切な恋を描いた世阿弥(ぜあみ)の名作。美濃(みの)国野上(のがみ)の宿の遊女、花子(はなご)(前シテ)は、恋人と愛の誓いに取り交した扇を抱いて他の客の前に出ないので、女主人(アイ)に追い出される。花子の流浪を聞いた恋人の吉田少将(ワキ)が、男女縁結びで名高い京都の糺(ただす)の社(やしろ)に参詣(さんけい)していると、捨てられた女を意味する秋の扇、中国の故事にかけて班女とあだ名される狂女となった花子(後シテ)も、祈りを捧(ささ)げにやってくる。都の男(現在の演出では少将の供の男――ワキツレ)が、班女の扇はどうしたとからかうと、花子は男の無情を嘆きつつも、会いえぬ恋のせつなさを訴えて舞う。やがてその扇が縁となって、花子は少将と再会して終わる。『隅田川』の父も吉田少将ということから、後世の文芸、演劇では、この二つをいっしょにした趣向が凝らされた。また三島由紀夫の『近代能楽集』に「班女」がある。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

班女の関連キーワード桜川三井寺弱法師梅枝兼平狂女物百万四番目物蘆刈花筐

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

班女の関連情報