コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カケリ カケリ

2件 の用語解説(カケリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カケリ
カケリ

「翔」とも書く。能の働き事の名称。大鼓と小鼓ではやし,笛がアシライを吹く。武士の霊による修羅の苦しみ (『八島』『忠度』など) や物狂いによる狂乱,興奮状態 (『隅田川』『班女』など) の演技に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カケリ
カケリ

「翔」とも書く。長唄,歌舞伎の囃子の名称。能のカケリから出て,狂女の出や,合戦の場面などに用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカケリの言及

【獣道】より

…【今泉 吉晴】
[民俗]
 西日本から中部山地まではウジ,またはウツと呼び,東日本では主としてト,またはトアドというのが一般的である。そのほかノウテ(十津川),カケリ(祖谷山),トウリ(伊豆西部)など,土地ごとの名がある。同じ獣道も動物の種類によって経路は異なり,鹿には鹿独自のウジがあって,他地からやってきた鹿も同じ経路を通過する。…

※「カケリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カケリの関連キーワード来序腔腸才力全機舞働き論弁利き働き事用所ちりから

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カケリの関連情報