カゴノキ(英語表記)Actinodaphne lancifolia (Sieb.et Zucc.) Meissn.

世界大百科事典 第2版の解説

カゴノキ【Actinodaphne lancifolia (Sieb.et Zucc.) Meissn.】

高さ10~15m,直径30~40cmほどのクスノキ科の常緑中高木で,大きいものは高さ20m,直径1m以上になることがある。樹皮が円い薄片状にはげ落ち,古い黒褐色の部分と新しい淡黄白色の部分が鹿の子まだらをなすので〈鹿子の木〉の和名がある。葉は互生し,葉身は長さ5~10cmの長楕円形で,全縁,裏面は灰白色を帯びる。雌雄異株。花は黄色の小花で,8,9月ころ葉腋(ようえき)に数個が密生して咲く。果実は直径約7mmの倒卵形の液果で,翌年の7,8月に紅色に熟し,1個の種子を含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カゴノキ
かごのき / 鹿子木
[学]Litsea lancifolia (Sieb. et Zucc.) F. Vill.

クスノキ科の常緑高木。高さ15メートルに達する。樹皮は灰黒色であるが、円形の薄片のはげ落ちた跡が黄白色の斑紋(はんもん)となり、鹿の子(かのこ)模様の斑(まだら)となるのでこの名がある。葉は互生して枝先に集まり、倒卵状披針(ひしん)形、長さ5~10センチメートル、薄い革質で全縁。雌雄異株。花は8~9月、葉腋(ようえき)から出た散形花序につき、無柄、黄緑色。雄花序、雌花序はともに4枚の総包葉片がある。果実は液果で、翌年の7~8月に紅色に熟し、花被(かひ)の筒状部が基部に残る。茨城・福井県以西の本州、四国、九州、沖縄および朝鮮半島南部、台湾に分布する。材は器具、建築用とするが、特殊な用途としては鼓の胴として用いる。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カゴノキの関連情報