カシュガル・ハン国(読み)カシュガル・ハンこく(英語表記)Kashgar Khanate

  • かしゅがるはんこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャガタイ・ハン (察合台汗)末裔であるモグリスタン・ハン国の一王子サイードが 1514年にカシュガルを中心とするタリム盆地西部に建てた政権。のちには同族っていた東方のトゥルファン (吐魯番) ,ハミ (哈密) をも併合し,最盛期には現在のシンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区の南半を領有した。しかし,分立的なオアシス群を基盤としていたためにハンの権限は弱く,統一的な政権ではなかった。さらに宗教貴族ホージャ家 (→カシュガル・ホージャ家 ) や北方の遊牧国家ジュンガルなど内外両面からの圧迫があり,18世紀中頃清朝の討征を受けた時点では,ほとんど国家としての実体は存在していなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

16~17世紀にチャガタイ・ハン国の末裔(まつえい)がカシュガル地方(中国新疆(しんきょう/シンチヤン)ウイグル自治区南部)に建てた国の通称。チャガタイ・ハン家のサイードが遊牧騎馬軍団を率いて、1514年にカシュガル地方の主要オアシスであるヤルカンドを征服し、ここを首都として成立した。支配階級はモグールとよばれるトルコ化したモンゴル系の遊牧民であり、彼らはこの国をモグール・ハン国と自称していた。その領域は東部のハミ、トゥルファン地方にまで及んだが、支配下のオアシスが分散していたために分裂しがちであり、イスラム貴族ホージャ勢力の伸張もあって、ハンの力は弱まっていった。やがて新興遊牧勢力のジュンガル・ハンのガルダンによって1680年に滅ぼされた。[堀 直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android