コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシュガル・ハン国 カシュガル・ハンこくKashgar Khanate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシュガル・ハン国
カシュガル・ハンこく
Kashgar Khanate

チャガタイ・ハン (察合台汗) の末裔であるモグリスタン・ハン国の一王子サイードが 1514年にカシュガルを中心とするタリム盆地西部に建てた政権。のちには同族の拠っていた東方のトゥルファン (吐魯番) ,ハミ (哈密) をも併合し,最盛期には現在のシンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区の南半を領有した。しかし,分立的なオアシス群を基盤としていたためにハンの権限は弱く,統一的な政権ではなかった。さらに宗教貴族ホージャ家 (→カシュガル・ホージャ家 ) や北方の遊牧国家ジュンガルなど内外両面からの圧迫があり,18世紀中頃清朝の討征を受けた時点では,ほとんど国家としての実体は存在していなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カシュガル・ハン国
かしゅがるはんこく

16~17世紀にチャガタイ・ハン国の末裔(まつえい)がカシュガル地方(中国新疆(しんきょう/シンチヤン)ウイグル自治区南部)に建てた国の通称。チャガタイ・ハン家のサイードが遊牧騎馬軍団を率いて、1514年にカシュガル地方の主要オアシスであるヤルカンドを征服し、ここを首都として成立した。支配階級はモグールとよばれるトルコ化したモンゴル系の遊牧民であり、彼らはこの国をモグール・ハン国と自称していた。その領域は東部のハミ、トゥルファン地方にまで及んだが、支配下のオアシスが分散していたために分裂しがちであり、イスラム貴族ホージャ勢力の伸張もあって、ハンの力は弱まっていった。やがて新興遊牧勢力のジュンガル・ハンのガルダンによって1680年に滅ぼされた。[堀 直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カシュガル・ハン国の関連キーワードヤールカンド(葉爾羌)県ハイダル・ミールザー中央アジア史ヤルカンド噶爾丹喀什噶爾焉耆疏勒

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android