コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カジイチゴ

2件 の用語解説(カジイチゴの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カジイチゴ

キイチゴ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カジイチゴ
かじいちご / 構苺
[学]Rubus trifidus Thunb.

バラ科の半常緑低木。高さ1~2.5メートル、茎はやや太く、毛はあるが刺(とげ)はない。葉は掌状の大形の単葉で30センチメートル近くになるものもあり、5~7裂に切れ込む。4~5月新枝の先に径4~5センチメートルの白色の5弁花を数個開く。集合果はやや球状、赤みがかった黄色に熟し、甘酸っぱい。地下茎で盛んに繁殖する。早春のころ、新枝をキイチゴと称し、いけ花にする。名はカジノキの葉に似ることによる。本州、四国、九州の暖地の海岸地方に分布し、よく人家にも植栽される。他のキイチゴ属植物と雑種をつくりやすい。やや葉が小さいヒメカジイチゴは本種とニガイチゴとの雑種で、通常は果実をつけない。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカジイチゴの言及

【キイチゴ(木苺)】より

…苗代の頃に実がなるナワシロイチゴR.parvifolius L.(イラスト)は,全国の原野や低山地に見られ,葉は3出葉で,果実は赤色である。カジノキの葉に似た葉をもつカジイチゴR.trifidus Thunb.(イラスト)は,植物体にとげはなく,海岸近くに分布する。花弁は白色,果実は橙色,早春の頃,生け花として利用される。…

※「カジイチゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone