カセミミズ(枷蚯蚓)(読み)カセミミズ(英語表記)Epimenia verrucosa

世界大百科事典 第2版の解説

カセミミズ【カセミミズ(枷蚯蚓) Epimenia verrucosa】

ミミズのような形をした無板綱サンゴノヒモ科の軟体動物。磯立網(エビ網)を天草で枷網というがそれにかかってくるのでこの名がある。最大のものでは体長30cm,太さ1cmくらいになるが,ふつうはもっと小さい。細長いがはない。体表は平滑であるが,多少いぼ状の凹凸があり,濃褐色の地に黄色,青色,緑色などの斑紋があって毒々しい。口は前端にあり,腹側を前後に細いが走るので,この類を溝腹類ともいう。この溝は巻貝などの広い足が退化したものと考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android