コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタクチイワシ カタクチイワシEngraulis japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタクチイワシ
Engraulis japonicus

ニシン目カタクチイワシ科の海水魚。全長 18cm。体は長く,吻が突き出る。背部は濃青色,腹部は銀白色成魚煮干し目刺し,仔稚魚は白子干し(しらすぼし)として広く食用に供される。日本各地沿岸,朝鮮半島,中国,台湾,フィリピンに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カタクチイワシ

カタクチイワシ科の魚。地方名セグロイワシ,シコ,ヒシコ,タレクチなど。全長18cmに達する。日本全土,朝鮮半島,中国,フィリピンに分布。背面は暗青色で,下顎が上顎よりかなり短い。
→関連項目イワシ(鰯)ウルメイワシごまめ畳鰯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

カタクチイワシ

 ⇒イワシ

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カタクチイワシ
かたくちいわし / 片口鰯
anchovy
[学]Engraulis japonica

硬骨魚綱ニシン目カタクチイワシ科に属する海水魚。別名セグロイワシ、ヒシコイワシ(ヒコイワシともいう)。また、下あごの形から関西地方ではタレクチとよぶ所がある。日本各地、朝鮮半島、中国の沿岸に分布する。全長15センチメートルに達し、体は細長くやや側扁(そくへん)する。沿岸性回遊魚でプランクトンを主食とする。産卵期はほぼ周年にわたるが、盛期は春から夏と秋の2回で、北方では産卵期は遅れて盛期も1回である。産卵場は東シナ海、九州近海から北海道周辺までの大陸棚沿岸域。卵は楕円(だえん)形で分離浮性である。成魚、稚魚(シラス)ともに産額が多く、巻網、パッチ網などで漁獲される。煮干し、田作りにされるほか、カツオ一本釣り漁業の活き餌(いきえ)にされ、稚魚はしらす干し、たたみいわしなどにされる。[浅見忠彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カタクチイワシの関連キーワード豊後別府湾ちりめん白子干し・白子干ハンマメット湾アイノコイワシイワシ(鰯)アンチョビー鯷漬け・鯷漬鵠沼魚醤縮緬雑魚釜揚白子しこの露片口鰯背黒鰯鯷漬斉魚エツ白子鯷鰯斎魚片口

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カタクチイワシの関連情報