コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタクリ(片栗) カタクリErythronium japonicum; dog's tooth violet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタクリ(片栗)
カタクリ
Erythronium japonicum; dog's tooth violet

ユリ科の多年草。広く山野や林の中に生える。鱗茎は長楕円形で長さ 5cmぐらい,地中深くにある。早春に,高さ 20cmぐらいの花茎を出し,先端に1個の紅紫色の花を斜め下向きにつけて美しい。茎の中部に紫斑のある2枚の長楕円形の葉をつける。鱗茎に含まれるデンプンを精製して食用,薬用とする。かつては良質のデンプンとして賞用され,片栗粉の名はいまも残る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カタクリ【カタクリ(片栗) Erythronium japonicum Decaisne】

北日本の春先をいろどる美しいユリ科の多年草(イラスト)。淡く鮮やかな紫色の色あいと,花弁のつけ根にある濃紫色の斑紋とのコントラストがみごとで,くるりと反転した花弁のかわいらしさが親しまれている。鱗茎は地下深く入ることで有名で,地表近くで発芽した後,根の牽引作用によってしだいに地下へもぐる。葉は地表付近に1対展開し,長い葉柄がある。表面はウズラの卵の模様に似た紫斑がある。花茎は高さ20~25cmで,頂端に1花のみをつけ,花はややうつむいて咲く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カタクリ(片栗)の関連キーワード北日本

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android