カタクリ(読み)かたくり

日本大百科全書(ニッポニカ)「カタクリ」の解説

カタクリ
かたくり / 片栗
[学] Erythronium japonicum Decne.

ユリ科(APG分類:ユリ科)の球根性多年草。球根は鱗茎(りんけい)で白色の長楕円(ちょうだえん)形。花茎は10~20センチメートル。葉は普通2枚が花茎下部につき、長楕円形ないし楕円形で淡緑色。暗紫色の斑紋(はんもん)のあるものが多い。早春に雪解けとともに開花する。花は花茎の先に1、2個開き、花被(かひ)は6枚。紅紫色で内側基部近くにW字状の斑紋がある。まれに白色花もある。果実は蒴果(さくか)で3稜(りょう)のある円形。北海道から九州に生育するが、四国、九州ではまれにしかみられない。カタクリ属は東アジア、北アメリカ、ヨーロッパに20種あるが、日本には1種のみ分布する。

 全草をゆでて食用とするが、鱗茎から良質のデンプンをとり、かたくり粉と称したが、現在かたくり粉と称しているもののほとんどはジャガイモデンプンである。薬草として強壮剤、胃腸薬、解毒剤に用いる。古名のカタカゴがカタコユリとなり、転訛(てんか)してカタクリとなったとされる。ほかにカゴ、イノシタ、ブンダイユリ、ハツユリの名もある。

[冨樫 誠 2018年12月13日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「カタクリ」の解説

カタクリ

ユリ科の多年草。おもに北海道,本州中北部の山野の林内にはえ,朝鮮半島,アムールなどにも分布する。早春,地下の円柱状の鱗茎から,柔らかく,長さ6〜12cm,狭卵形で,上面に紫褐色の雲紋のある2個の葉をつけた花茎を出し,頂に径5cm内外の1花を下向きにつける。花被片は6枚,紅紫色で基部近くにW字形の濃紫色の斑紋があり,そり返る。【さく】果(さくか)は丸く,3稜がある。鱗茎から片栗粉を作った。
→関連項目デンプン(澱粉)料作物万葉植物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android