コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタリナ カタリナCatharina de Alexandria

3件 の用語解説(カタリナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カタリナ(Catharina de Alexandria)

キリスト教の聖女。4世紀初め殉教。皇帝の前で50人の哲学者を論破して改宗させたという。哲学者の守護聖人

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

カタリナ【Catharina】

(アレクサンドリアの)聖女。四世紀初頭に殉教。学識に優れ、異教の学者たちを論破、改宗させたと伝える。
1347~1378) (シエナの)聖女。キリストとの神秘的婚姻の体験をもち、人々に広く支持され、アビニョンからローマに教皇が帰還するのに尽力。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カタリナ
かたりな
Catharina de Alexandria

4世紀ごろの殉教者カトリックの聖女。生涯については伝説的資料しかない。貴族の出身で、優れた教育を受け、18歳のとき皇帝の前で異教徒の哲学者と議論し、彼らを改宗させた。のち皇后にキリスト教徒になるよう勧めたかどで、車裂きの刑を受けることになったが、祈りによって車輪が砕かれてしまったため、ついに首を切られて殉教したと伝えられている。彼女への崇敬は早くから東方正教会に生まれたが、ローマ教会でも10世紀以後盛んになった。絵画の題材になっているが、書物(知識を表す)、王冠(貴族の出を表す)、車輪(殉教を表す)とともに描かれているものが多い。[大谷啓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カタリナの関連情報