コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カティリナ

3件 の用語解説(カティリナの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カティリナ

ローマ共和政末期の政治家。前66年末―前63年にたびたび国政変革,国家転覆の陰謀を計ったが,キケロらの攻撃を受けエトルリアにのがれて敗死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カティリナ【Lucius Sergius Catilina】

前108ころ‐前62
没落パトリキ出身のローマの政治家。同盟市戦争に従軍し,スラ恐怖政治に荷担して蓄財。プラエトルアフリカ総督就任後,コンスル職を目指したが,一度は不当搾取罪に問われて立候補できず,クラッススカエサルら政界多数の協力を得た前64,前63両年にも落選した。その直後,政権担当者暗殺,内乱状態再現を狙って全イタリア規模の陰謀を組織したが,コンスルのキケロの追及を受け,エトルリアへ逃亡(前63年11月)。一味は逮捕,処刑され,彼自身も翌年討伐軍との戦闘で敗死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カティリナ
かてぃりな
Lucius Sergius Catilina
(前108―前62)

ローマ共和政末期の貴族、政治家。紀元前63~前62年の国家転覆陰謀事件の主謀者。若いころはスラ派に属し、前68年法務官に昇進した。その後、北アフリカの属州総督を務めたが、不当徴収のかどで告発されたことが災いして再度にわたる執政官(コンスル)選挙で落選の憂き目にあった。しかし、彼は零落貴族、破産退役兵、貧民不満分子の間に勢力を広め、前63年これらの徒党や野心的な元老院貴族の支援のもとに暴力的手腕による政権奪取の陰謀を企てた。これに対して、キケロによるカティリナ派弾劾の弁舌が功を奏し、彼は公敵と宣告され、エトルリアに逃れたが残党とともに戦死した。
 この陰謀事件は、当時のローマ社会の「持たざる人々」と「持てる人々」との対立が表面化したものであり、史料にはサルスティウスの『カティリナの陰謀』やキケロの『カティリナ弾劾』などが残存する。[本村凌二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカティリナの言及

【キケロ】より

…前64年キケロはガイウス・アントニウスとともに翌年のコンスル(執政官)に選ばれた。騎士身分の生れで政治的背景を持たぬ〈新人〉であった彼がコンスルに選ばれたのは,カティリナの企てを恐れたオプティマテス(貴族派)の後押しがあったからである。キケロはその期待にこたえて,元老院で《カティリナ弾劾》の演説を行い,陰謀を未然に鎮圧した。…

※「カティリナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カティリナの関連キーワードパトリキ平民会パトリアルクプレブスサンパトリツィオの井戸パトリオチズムパトリオティズムパトリシアンパトリオット・ゲーム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone