コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトリック教徒解放法 カトリックきょうとかいほうほう Catholic Emancipation Act

3件 の用語解説(カトリック教徒解放法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトリック教徒解放法
カトリックきょうとかいほうほう
Catholic Emancipation Act

カトリック教徒解放令ともいう。 1829年ウェリントン (公) 内閣が成立させたイギリスの法律。アイルランドを含むイギリスのカトリック教徒に対する社会的・政治的差別の大半を撤廃することを定めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カトリックきょうとかいほうほう【カトリック教徒解放法】

カトリック教徒への差別的規定を撤廃したイギリスの法律。1829年成立。 → 審査法

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カトリック教徒解放法
かとりっくきょうとかいほうほう
Catholic Emancipation Act

カトリック教徒をさまざまな制約から解放した、1829年のイギリスの法律。国教会制度をとったイギリスでは非国教徒がさまざまな形で抑圧されたが、とくにアイルランドのカトリックは厳しい支配を受けた。17世紀末~18世紀の一連のカトリック刑罰法は、公職からカトリック教徒を締め出し、土地購入や借地契約にまで制限を加えた。しかし18世紀後半の自由と平等を求めるアイルランド人の運動と、アメリカ独立とフランス革命の成功は、イギリスの譲歩を引き出し、1793年の救済法Catholic Relief Actで刑罰法のほとんどが撤廃されたが、その救済法も国会議員、大臣、裁判官、将官など国の重要な地位につくことをまだ許さなかった。このため完全な解放を求めるカトリックの運動が続いたが、この運動を大衆的に発展させたのがオコネルのカトリック協会であった。月1ペニーという安い会費で極貧層まで組織したこの運動は、1826年の総選挙で成功し、28年補欠選挙ではカトリックで被選挙権のないオコネルを当選させた。ここにおいてイギリス政府もついに決意し、同年、非国教徒を公職から排除した1673年の審査法を廃止し、翌1829年カトリック教徒解放法を成立させた。王、摂政、大法官と並んでアイルランド総督が除外されたが、ほとんどの公職がカトリック教徒にも認められることとなり、カトリック問題は基本的に解決した。しかしまだ十分の一税問題が残り、また選挙資格引上げのため多くのカトリック農民が選挙権を失い、民族問題としてのアイルランド問題が解決したわけではなかった。[堀越 智]
『堀越智著『アイルランド民族運動の歴史』(1979・三省堂) ▽T・W・ムーディ、F・X・マーチン編著、堀越智監訳『アイルランドの風土と歴史』(1982・論創社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カトリック教徒解放法の関連キーワードエカトリアル結合カトリック労働組合ハリケーン「カトリーナ」(2005年)楫取カトリック教会高取りわかとり君いかとり唄大野鷹取女

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone