コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カドミウムイェロー cadmium yellow

翻訳|cadmium yellow

世界大百科事典 第2版の解説

カドミウムイェロー【cadmium yellow】

硫化カドミウムCdSと硫化亜鉛ZnSの固溶体,CdS・nZnSを組成とする淡黄色ないし橙黄色の無機顔料。硫化亜鉛が少なくなると黄色が濃くなる。着色力大で,耐薬品性,耐熱性,耐溶剤性が優れている。高級絵具,塗料,印刷インキ,合成樹脂・ガラス着色用に広く用いられる。とくに耐熱性の要求されるプラスチックの着色に適している。製法は,硫化カドミウムと硫酸亜鉛の混合水溶液に硫化ナトリウム水溶液を反応させ,得られた沈殿をろ過乾燥後,洗浄,乾燥,粉砕する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カドミウムイェローの関連キーワードCDSクレジット・デフォルト・スワップII-VI族化合物半導体クレジット・デリバティブクレジット・デリバティブCDSカドミウムレッド化合物半導体カドミウムエローフランス民主連合

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android