コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナメモチ

百科事典マイペディアの解説

カナメモチ

アカメモチとも。静岡〜九州,中国大陸の暖地の山地にはえるバラ科の常緑小高木。葉は長楕円形,革質で光沢があり,縁には細鋸歯(きょし)がある。新葉は紅色で美しい。5〜6月,小枝の先に,5弁の小さい白花を多数,円錐状につける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カナメモチ【Photinia glabra Maxim.】

暖地の丘や低山に生える高さ10m以下のバラ科の常緑の低木か小高木(イラスト)。樹皮は灰黒色から黒褐色。葉は互生し,堅くて長楕円形,先はとがり,ふちに細かい鋸歯があり,両面ともまったく無毛で,表面には光沢がある。5,6月ごろ,枝先に白い花が集まって咲く。花弁は5枚で倒卵形おしべは20本。果実は楕円状球形で,秋に赤く熟する。東海地方以西の本州,四国,九州に,また中国大陸にも分布する。西南日本では生垣として植えられることが多く,春に出る新葉が赤くて美しいので,アカメモチともいわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナメモチ
かなめもち / 要黐
[学]Photinia glabra (Thunb.) Maxim.

バラ科の常緑小高木。高さ3~7メートル。葉は互生し、長さ1~1.5センチメートルの葉柄があり単葉、長楕円(ちょうだえん)形、長さ5~10センチメートル、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。革質で光沢があり、表面は毛はない。5~6月、枝の先に径約8ミリメートルの白色の5弁花を多数開く。雄しべは20本、雌しべの花柱は2本、子房は毛があり、2室で半下位。果実はなし状果、楕円状球形、径約5ミリメートル、赤く熟す。静岡県以西の本州、四国、九州の山地に生えるが、庭木や生け垣としてよく植えられ、朝鮮や中国にも分布する。新葉が赤色を呈するので、別名アカメモチという。オオカナメモチP. serrulata Rindl.はカナメモチより葉が大きく基部が円い。沖縄、台湾、中国大陸に分布し、栽培もされる。中国名を石楠といい、古く日本ではこの字をシャクナゲに誤用したため、現在でもシャクナゲの漢字名としてこの字を慣用とする。カナメモチ属は約60種、おもにヒマラヤから日本にかけて分布し、まれにスマトラ島や北アメリカ、中央アメリカにもみられる。子房は半下位で2枚の心皮の下部は合生し、上部は離生する。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カナメモチの関連キーワードアカメモチ(赤芽黐)カマツカ(バラ科)蕎麦の木・稜の木オオカナメモチシャクナゲ赤芽黐蕎麦木樹病紅葉扇骨要樫赤芽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android