コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナーン Canaan

翻訳|Canaan

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナーン
かなーん
Canaan

パレスチナ地方の古名。聖書では場合によってヨルダン川西側の地一帯を、場合によって東地中海沿岸の地をさしている。その名は、この地方の特産である紫染料を表す語と深い関係があるとされている。『旧約聖書』によれば、カナーン人の祖は、ノアの孫、ハムの子カナーンであるが、実際に紀元前四千年紀からこの地の主流となったのはセム人であり、ウガリト、アララク、アッコなどの諸都市国家が形成された。エジプトおよびメソポタミアの影響を受けて前二千年紀なかばにカナーン文化は最盛期を迎えたが、前13世紀以後、「乳と蜜(みつ)の流れる地」とよばれたこの地を求めて侵入したイスラエル人に引き継がれ、聖書の舞台となった。[漆原隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カナーンの関連キーワードヘレン・リーマンスナイダー マーティンサロメ(オスカー・ワイルドの戯曲)エルサレム(パレスチナ)スーザン ティレルメソポタミア神話ジェリコの戦いフェニキア文字イスラエル王国ヨルダン(国)アシュケロンコムストックフェニキア語フェニキア人チンドワーライスラエル怒りの葡萄ジョンソン沢田正二郎フェニキアガラスの家

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android