コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニア

世界大百科事典 第2版の解説

カニア【Khaniá】

ギリシア南部,クレタ島の町。人口5万(1991)。島の西寄りに位置して,重要な海港でもある。クノッソスの遺跡から出土した線文字Bの文書に現れるキュドニアKydōniaという地名はカニアを指すものとされている。中世にはベネチア人の支配のもとに繁栄した。1645年以降オスマン帝国の支配下に入る。1898年から15年間クレタは独立国であったが,その首都はカニアに置かれた。のちギリシアの領土となる。第2次大戦中ドイツ軍の進攻に際して町はひどく破壊されたが,それでもベネチアとトルコの影響を受けた町並みは美しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニア

ハニア」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カニアの関連情報