コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニア

百科事典マイペディアの解説

カニア

ギリシアのクレタ島北西岸の港市。ブドウ,オレンジ,オリーブの集散・加工が行われる。古名はキュドニアとされ,中世はベネチアの支配下で繁栄した。1971年までクレタ島の中心都市。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カニア【Khaniá】

ギリシア南部,クレタ島の町。人口5万(1991)。島の西寄りに位置して,重要な海港でもある。クノッソスの遺跡から出土した線文字Bの文書に現れるキュドニアKydōniaという地名はカニアを指すものとされている。中世にはベネチア人の支配のもとに繁栄した。1645年以降オスマン帝国の支配下に入る。1898年から15年間クレタは独立国であったが,その首都はカニアに置かれた。のちギリシアの領土となる。第2次大戦中ドイツ軍の進攻に際して町はひどく破壊されたが,それでもベネチアとトルコの影響を受けた町並みは美しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニア

ハニア」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カニアの関連キーワードレイモンド・ジェームス・スタジアムレービ(Carlo Levi)ザクセン・ウィッテンベルクタンパベイ・バッカニアーズエミール ミルザッカニアンポーランド統一労働者党リビウス・セウェルスセントエライアス山脈デリック ブルックスウォーレン サップカニア(ギリシア)アルタバヌス3世ニーチョーピングメッツォジョルノロンデ バーバーダレル リービスボロゲセス1世フィリピン政変カルロ レービバジリカータ州

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android