コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニア カニアChania/Χανιά

2件 の用語解説(カニアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カニア(Chania/Χανιά)

ハニア

ハニア(Chania/Χανιά)

ギリシャ南部、クレタ島港湾都市。古代名キドニア。同島第二の規模で、北西岸に位置する。クレタ文明時代の都市に起源し、続いて、古代ギリシャ東ローマ帝国ベネチア共和国の支配下に置かれて、17世紀にオスマン帝国領となった。1840年から1971年まで、同島の行政の中心地だった。旧市街にはベネチア時代の港や街並みが残っている。同島出身で初の首相になったE=ベニゼロスの生地。カニア

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カニアの関連情報