コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニア Chania/Χανιά

デジタル大辞泉の解説

カニア(Chania/Χανιά)

ハニア

ハニア(Chania/Χανιά)

ギリシャ南部、クレタ島の港湾都市。古代名キドニア。同島第二の規模で、北西岸に位置する。クレタ文明時代の都市に起源し、続いて、古代ギリシャ、東ローマ帝国ベネチア共和国の支配下に置かれて、17世紀にオスマン帝国領となった。1840年から1971年まで、同島の行政の中心地だった。旧市街にはベネチア時代の港や街並みが残っている。同島出身で初の首相になったE=ベニゼロスの生地。カニア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カニアの関連キーワードレイモンド・ジェームス・スタジアムタンパベイ・バッカニアーズエミール ミルザッカニアンザクセン・ウィッテンベルクポーランド統一労働者党セントエライアス山脈デリック ブルックスリビウス・セウェルスウォーレン サップカニア(ギリシア)アルタバヌス3世ニーチョーピングロンデ バーバーメッツォジョルノダレル リービスボロゲセス1世バジリカータ州フィリピン政変ポーランド史神の死の神学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android