カノン砲(読み)かのんほう

日本大百科全書(ニッポニカ)「カノン砲」の解説

カノン砲
かのんほう

大砲火砲)の一種。大きな筒を意味する英語のcannon、フランス語のcanonに由来する。加農砲(かのんほう)とも書く。14世紀ヨーロッパに出現した大砲は、15世紀にモーター(臼砲(きゅうほう)、現在では迫撃砲を示す)とカノンの2種に区別された。カノン砲の特徴は、山なりの弾道を描く迫撃砲に比べ、水平に近い弾道(低伸弾道)で弾丸を撃ち出すことができることである。そのために発射薬はモーターより強力で、弾丸は高初速で発射される。威力、射距離は他の砲に比べ大きいが、その反面、砲重量も大きくなり、動作が鈍重になる。第二次世界大戦中は巨大な海岸砲、列車砲が出現した。砲身が長いのが特徴である。単にガンとよぶ場合もあるが、現代ではカノンと榴弾砲(りゅうだんほう)(ハウイツァー)との区別がなくなりつつある。砲身製造技術の向上により、区別する必要がなくなったためである。ちなみに、陸上自衛隊が所有する155ミリ榴弾砲の射程は24キロメートルである。

[猪口修道]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カノン砲」の解説

カノン砲
カノンほう
cannon

加農砲とも書く。ガン gunとも呼ばれる。遠距離を射撃するために,長い砲身から大きな初速の砲弾を平らな弾道で発射する。ほかの同口径火器に比べ,砲身,砲架ともに大型で,重量も大きい。牽引され,あるいは自走して移動する野戦重砲,あるいは固定砲架に据えられ海岸要塞砲として使われ,榴弾砲とともに野戦火力の骨幹を形成している。戦車や航空機に搭載する火砲は,砲身の加工や駐退装置に工夫を凝らした軽量のカノン砲である。旧日本陸軍の九六式 15cmカノン砲は,射程が2万 6200mであった。現在アメリカ陸軍の 175mmカノン砲は射程約3万 2700m。なお,旧ソ連軍にはS-23 180mmカノン砲 (射程約3万 400m) ,2S-7 203mm自走式カノン砲 (射程約3万 7500m) があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「カノン砲」の解説

カノン砲【カノンほう】

加農砲とも書く。砲身長が口径の20倍以上の火砲で,初速が大きく,通常平射用で遠距離でも貫徹力は強大。用途により野戦重砲,戦車砲,要塞(ようさい)砲などに区分される。海軍砲の場合は大きい射角で長大な射距離を得る。第2次大戦から自動装填(そうてん)で発射速度を増し,砲身の内筒交換で初速・寿命を増大するなど性能が向上した。
→関連項目自走砲大砲野砲榴弾砲

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「カノン砲」の解説

カノン‐ほう ‥ハウ【カノン砲】

〘名〙 (「加農砲」とも書いた) 艦砲、戦車砲、高射砲など口径の割に砲身が長く、長距離射撃に適する大砲。かのうほう。カノン。〔舶来語便覧(1912)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android