コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艦砲 かんぽう naval gun

4件 の用語解説(艦砲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

艦砲
かんぽう
naval gun

艦船に搭載される火砲。 16世紀初めまでは,衝角で敵船を破壊するか,接舷移乗戦闘によって海上戦闘が戦われたので,軍船に積まれる大砲は,対人殺傷用の軽量のものにすぎなかったが,ガレオン船が登場して艦対艦の砲撃戦の時代に移行すると,艦砲は重く,大きくなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぽう〔‐パウ〕【艦砲】

軍艦に備えつけてある大砲。主砲・副砲・高角砲など。艦載砲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんぽう【艦砲】

軍艦などに装備された火砲。13世紀ころ地中海で使用されたガレー船ハンドカノンが用いられたのが始まりであるといわれる。15世紀ころにはスペインイギリスフランス,中国,朝鮮などの軍艦に口径(砲身の内径)の小さな少数の火砲が搭載されるようになった。その後しだいに口径が大きくなり搭載数も増加し,両玄に複層にわたって搭載したガレオン船も現れた。当時の弾丸は鉄や石の球塊で,相手艦を撃沈するには威力が不十分であり,海戦の雌雄はいぜんとして接玄移乗戦闘により決する場合が多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんぽう【艦砲】

軍艦に装備してある砲の総称。主砲・副砲・高角砲・ロケット砲など。艦載砲。 「 -射撃」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

艦砲の関連キーワードカタパルト火砲正面装備艦艇ギグ主砲発射管捕鯨砲砂箱ブースト圧

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

艦砲の関連情報