コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艦砲 かんぽうnaval gun

4件 の用語解説(艦砲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

艦砲
かんぽう
naval gun

艦船に搭載される火砲。 16世紀初めまでは,衝角で敵船を破壊するか,接舷移乗戦闘によって海上戦闘が戦われたので,軍船に積まれる大砲は,対人殺傷用の軽量のものにすぎなかったが,ガレオン船が登場して艦対艦の砲撃戦の時代に移行すると,艦砲は重く,大きくなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぽう【艦砲】

軍艦などに装備された火砲。13世紀ころ地中海で使用されたガレー船ハンドカノンが用いられたのが始まりであるといわれる。15世紀ころにはスペインイギリスフランス,中国,朝鮮などの軍艦に口径(砲身の内径)の小さな少数の火砲が搭載されるようになった。その後しだいに口径が大きくなり搭載数も増加し,両玄に複層にわたって搭載したガレオン船も現れた。当時の弾丸は鉄や石の球塊で,相手艦を撃沈するには威力が不十分であり,海戦の雌雄はいぜんとして接玄移乗戦闘により決する場合が多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

艦砲の関連情報