コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブウェ人 カブウェじん Kabwe man

2件 の用語解説(カブウェ人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カブウェ人
カブウェじん
Kabwe man

ザンビアカブウェブロークンヒル)鉱山で発見された化石人類。1921年にトム・ツウィグラーによって頭蓋骨が,次いで同 1921年に A.アームストロング,また 1925年にはアレシュ・フルドリチカによって若干の骨片が発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カブウェ人
かぶうぇじん
Kabwe man

アフリカの旧人を代表する化石人類。以前はローデシア人Rhodesian manとよばれた。1921年ザンビア北ローデシア)、カブウェブロークン・ヒル鉱山で鉱山労働者が頭骨や四肢骨を発見した。頭骨の骨は厚く眼窩(がんか)上隆起はきわめて強大で、前頭骨は強く傾斜し、外後頭隆起の突出も著しい。顔面、そして口蓋(こうがい)はきわめて大きい。しかし、脳容積は1300ミリリットルで、旧人としてはやや小さめである。四肢骨は華奢(きゃしゃ)で現代人に近い。上部更新世(洪積世)のガンブリアン期に属し、4万年前(放射性炭素法による)に生存したジャワのソロ人によく似ているといわれる。ホモ・ローデシエンシスとよばれたこともある。なお、その歯には数多くのむし歯が発見されているが、化石人類としてはきわめて珍しい。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カブウェ人の関連キーワードカブウェザンビアブロークンヒルブロークンブロークンイングリッシュブロークンハートブロークンコンソートブロークン・アローブロークン・ヒル(ザンビア)ブロークンホース (broken horse)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone