コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメロン Cameron, Donald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメロン
Cameron, Donald

[生]1695. インバーネス,ロキール
[没]1748
スコットランドのカメロン族の長。キャメロンとも表記される。心ならずもジャコバイトになり,「四十五年の反乱」に参加,カロデンの戦いで負傷し,フランスに亡命。

カメロン
Cameron, James Donald

[生]1833.5.14. ペンシルバニア,ミドルトン
[没]1918.8.30. ランカスター
アメリカの政治家キャメロンとも表記される。ペンシルバニア州を地盤とする銀行家,政治家の S.カメロン (1799~1889) の子で,父を継いでペンシルバニア州の共和党組織の指導者となる。 1876~77年陸軍長官,77~97年連邦上院議員。

カメロン
Cameron(Camero), John

[生]1580. グラスゴー
[没]1625
スコットランドに生れ,フランスで活躍したカルバン派神学者。グラスゴー大学卒業後フランスに渡り,ソミュール神学校教授 (1618) ,グラスゴー大学学長 (22) ,モントーバン大学神学教授 (24) を歴任。人道主義的色彩の濃いカルバン主義に立ち,契約における神と人間との関係を強調する契約神学の先駆者とみなされる。その穏健な主張は,急進的カルバン主義者の反対を受け,そのため路上で刺された。主著『恩寵と自由意志論』 These de gratia et libro arbitrio (18) 。

カメロン
Cameron, Julia Margaret

[生]1815.6.11. カルカッタ
[没]1879.1.26. スリランカ,カルータラ
インド出身のイギリスの女性写真家。 42歳の誕生日に娘から贈られたカメラで撮影を始める。作品にはビクトリア朝時代の著名な芸術家,ワーズワスロングフェローテニソンなどの肖像写真が多く,クローズアップを多用し,修整や引き伸ばしといった技巧を退けて人物の個性を躍動的に表現した。

カメロン
Cameron, Richard

[生]1648頃
[没]1680.7.22.
スコットランド教会の分離小派であるカメロン派の創始者。スコットランド教会で長老制を守る契約 covenantの原理を信奉するカベナンターを組織し,その指導者となった。チャールズ2世が契約を守らなかったため,国王を廃位する旨のサンクアール宣言を発し (1680) ,王軍と戦って戦死した。

カメロン
Cameron, Verney Lovett

[生]1844.7.1. ドーセット,ラディポール
[没]1894.3.27. ベッドフォードシャー,レイトンバザード近郊
イギリスの探検家。キャメロンとも表記される。ヨーロッパ人として初めて赤道下のアフリカを横断した。 D.リビングストンの消息を求めるとともに独自の探検を行うため,1872年王立地理院が派遣した探検隊の一員に選ばれた。ザンジバル出発後リビングストンの死が判明したので,タンガニーカ湖へ行き湖の南部を探検。次いでコンゴ川とザンベジ川の源流地帯を踏査,後者の源を見出した。 75年 11月7日ついにアフリカ西岸ベンゲラ (現アンゴラ) 付近に到達。 77年『アフリカ横断』 Across Africaを著わした。『黄金を求めて黄金海岸へ』 To the Gold Coast for Gold (1883) は R.バートンとの共著。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カメロン【Julia Margaret Cameron】

1815‐79
イギリスのビクトリア朝時代に活躍した女性写真家。カルカッタのインド植民地政府高官の家に生まれる。1848年夫とともにイギリスへ渡った。写真をはじめたのは48歳のときで,娘からプレゼントされたカメラが彼女を新しい世界に導いた。最初はラファエル前派の絵画を模倣した宗教的,寓意的な演出写真であったが,66年ころからストレートな肖像を撮るようになる。カメラの前に立ったのは,J.ハーシェル,A.テニソン,T.カーライルなど,彼女と親しい著名人たちであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カメロン
かめろん
Julia Margaret Cameron
(1815―1879)

写真初期のイギリスの女流写真家。イギリス外交官の娘としてインドのカルカッタ(現コルカタ)に生まれ、当地でイギリス人判事チャールス・ヘイ・カメロンと結婚。その後ロンドンに移り、社交界で活躍するが、50歳ごろから趣味として、当時の最先端技術であった写真を始める。彼女が撮影の対象としたのは、社交界で交遊のあった著名人が多く、またその技法は、気どりのない表情をクローズ・アップで撮るのが特徴であった。初期の作風は絵画のラファエッロ前派の影響が強く、ルネサンス絵画風のものであったが、今日評価が高いのはポートレート作品で、そのモデルには、ハーシェル卿(きょう)、カーライル卿、ダーウィンなどの学者や、ワーズワース、テニスン、ビアズリーなどの芸術家が含まれている。[平木 収]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカメロンの言及

【写真】より

… しかしこれとは別に,初期の時代にすぐれた肖像写真を残した写真家もいた。J.M.カメロンは1863年,48歳になってから写真を始めたが,広い交友関係から詩人のA.テニソン,R.ブラウニングや,科学者のC.ダーウィンなど,数多くの著名人の肖像写真を今日に残している。彼女の写真は今でいうクローズ・アップの手法を用いた先駆でもあるが,〈人物の内面性〉をとらえていることで高い評価を得ている。…

※「カメロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カメロンの関連キーワードグレアム[クレーバハウス]カスティーリョ・ソロルサノオスカー・マリア グラーフマルグリット・ド・ナバールサン・ヌーベル・ヌーベルサラス・バルバディーリョベッドフォードシャーキャメロンハイランドW.P. マーフィーカメロン[ロキール]フェアファックスフアン・マヌエルフォルティーニストラパローラエプタメロンボッカッチョ賢者ナータンワーズワースサッケッティビアズリー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カメロンの関連情報