コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤネズミ カヤネズミ Micromys minutus; harvest mouse

3件 の用語解説(カヤネズミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤネズミ
カヤネズミ
Micromys minutus; harvest mouse

齧歯目ネズミ科。体長5~7cm,尾長5~9cm。体は淡黄褐色ないし淡赤褐色で,下面は白色。長い尾の先端部には毛がなく,物に巻きつけることができる。草を用いて小鳥のような巣をつくる。本州,四国,九州,ユーラシア大陸の平地から標高 1000mまでに分布し,ススキカヤツリグサなどイネ科植物が生えるところにすむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カヤネズミ

体長6センチ、体重7グラム(500円玉1枚分)程度で、カヤ原に生息する世界最小クラスのネズミ。繁殖のピークは10月。都の保護上重要な野生生物種に指定されている。

(2010-05-21 朝日新聞 朝刊 多摩 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カヤネズミ
かやねずみ / 萱鼠
harvest mouse
[学]Micromys minutus

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目ネズミ科の動物。1属1種で、ヨーロッパ、シベリア、朝鮮半島、中国南部、アッサム、台湾、日本など分布が広い。日本では関東以西の本州、四国、九州、対馬(つしま)、隠岐(おき)諸島、淡路島にみられる。頭胴長約60ミリメートル、尾長約60ミリメートル。体重は8~10グラムでもっとも小形のネズミである。沼沢地、河床の草原、堤防、水田など草丈の高いイネ科草本の繁茂する所にすんでいる。尾を巻き付けて、巧みに草に登り、初夏から秋にかけてススキの茎などに、葉や穂綿を利用して球形の巣をつくる。巣の直径は8~10センチメートル。冬は地中のトンネル内にすむ。草の種子のほか、イナゴ、バッタなどの小動物も食べる。出産期は地方によって異なるが、3月から12月に及ぶ。妊娠期間は21日ぐらいである。1産2~8子で、球巣の中で子を育てる。北アメリカに分布するアメリカカヤネズミ属Reithrodontomysはキヌゲネズミ科に属し、カヤネズミとの類縁はないが、生活様式に類似がみられる。[宮尾嶽雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カヤネズミの関連キーワードダイコクネズミドブネズミハツカネズミ畑鼠ナンキンネズミトゲネズミ(棘鼠)ヒメネズミ(姫鼠)モグラネズミ(土竜鼠)モリネズミ(森鼠)ヤチネズミ(谷地鼠)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カヤネズミの関連情報