コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカミ遺跡 からかみいせき

世界大百科事典 第2版の解説

からかみいせき【カラカミ遺跡】

長崎県壱岐郡勝本町大字立石字東触の標高約90mの唐神山山頂周辺にある弥生時代の遺跡。湯野本湾を望むことのできる山頂には加良香美神社があり,神社周辺の斜面に遺物包含層がある。遺跡は1920年ころ発見され,出土した鏡や漢式土器などが紹介された。貝層があることからカラカミ貝塚ともよばれることがある。52年には東亜考古学会が調査し,弥生時代中期後半の層から石斧,鉄銛,鉄鎌,鉄鉇(てつやりがんな),鹿角装刀子,銅鏃などが出土し,後期の層からも鯨骨製銛,鉄鏃,鉄鉇,鹿角装刀子,銅鏃や完形に近い漢式土器が出土して,原ノ辻(はるのつじ)遺跡と共に,石器から鉄器への転換を示す代表的な弥生時代遺跡として知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラカミ遺跡の関連キーワード長崎県壱岐市勝本町立石仲触長崎県壱岐市勝本町立石東触古代壱岐とカラカミ遺跡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カラカミ遺跡の関連情報