カラカミ遺跡(読み)からかみいせき

世界大百科事典 第2版の解説

からかみいせき【カラカミ遺跡】

長崎県壱岐郡勝本町大字立石字東触の標高約90mの唐神山山頂周辺にある弥生時代の遺跡。湯野本湾を望むことのできる山頂には加良香美神社があり,神社周辺の斜面に遺物包含層がある。遺跡は1920年ころ発見され,出土した鏡や漢式土器などが紹介された。貝層があることからカラカミ貝塚ともよばれることがある。52年には東亜考古学会が調査し,弥生時代中期後半の層から石斧,鉄銛,鉄鎌,鉄鉇(てつやりがんな),鹿角装刀子,銅鏃などが出土し,後期の層からも鯨骨製銛,鉄鏃,鉄鉇,鹿角装刀子,銅鏃や完形に近い漢式土器が出土して,原ノ辻(はるのつじ)遺跡と共に,石器から鉄器への転換を示す代表的な弥生時代遺跡として知られるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android