コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原の辻遺跡 はるのつじいせき

5件 の用語解説(原の辻遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原の辻遺跡
はるのつじいせき

長崎県壱岐市東部の芦辺から石田にまたがる弥生時代中~後期の遺跡。特に弥生時代後期前半に属する原ノ辻上層式土器とともに発見された鉄器類 (鍬先,鎌,槍鉋刀子,銛) は弥生時代の鉄器の実例として貴重である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原の辻遺跡

発掘調査で、中国の文献「魏志倭人伝」に出てくる「一支国」の王都と1995年に特定された。日本最古の船着き場跡などが見つかり、登呂遺跡(静岡県)、吉野ケ里遺跡(佐賀県)と並ぶ弥生時代の代表的遺跡で、国の特別史跡に指定。

(2012-09-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はるのつじいせき【原の辻遺跡】

長崎県壱岐市芦辺町から石田町にかけてある弥生中・後期の遺跡。石包丁・石剣・鉄斧・貨泉・籾粒もみつぶなどが出土。「魏志倭人伝」の一支国の都と推定される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

はるのつじいせき【原の辻遺跡】


長崎県壱岐市芦辺町・石田町にある集落跡。長崎県の北方に浮かぶ壱岐島の南東部の台地から平野部に広がる大規模集落跡。遺跡は大正時代から注目され、戦前の発掘調査を経て、1975年(昭和50)以降引き続き行われた調査の結果、3重の環濠に囲まれた集落域の規模は24ha、その周辺の遺構を含めると、約100haに達することが判明。環濠内部では掘立柱建物跡の集中する祭場の一部や多数の竪穴(たてあな)住居跡からなる居住域、環濠の内外では墓域が確認され、船着き場跡も発見された。遺物としては土器や石器だけではなく、青銅器・鉄器・木器・骨角器などが良好な状況で多量に出土。とりわけ、大陸の集団との交渉を裏づける土器・青銅器・鉄器などが数多く認められ、中国の貨幣や人の顔の形をした人面石もあった。『魏志倭人伝』に記載された「一支国(いきこく)」の中心集落の様相が明らかになったことから、弥生時代の対外交渉を解明するうえで重要とされ、1997年(平成9)に国の史跡、2000年(平成12)には特別史跡に指定された。その後の調査によって、この遺跡が大陸系文物をめぐる流通の拠点であったことを強く示唆していることから、2005年(平成17)と2009年(平成21)に追加指定された。周辺は、原の辻一支国王都復元公園として整備され、出土品は壱岐市立一支国博物館に展示。芦辺港から車で約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原の辻遺跡
はるのつじいせき

長崎県壱岐(いき)にある弥生時代の遺跡。壱岐市芦辺(あしべ)町深江、同市石田町石田、同市石田町池田に所在する。幡鉾(はたほこ)川のつくる沖積平野に突出した長さ500メートル、幅300メートルの北向きの台地とその周辺に立地する。国指定特別史跡。古く松本友雄、山口麻太郎らによる調査紹介がなされ知られていたが、1939年(昭和14)台地の北東端が耕地整理によって削られた際、銅鏡、銅鏃(どうぞく)、多くの骨角器などを出土して注目された。このとき鴇田(ときた)忠正は3層の包含層を認めた。51~53年(昭和26~28)の東亜考古学会の調査では2層に分類された。74~77年の長崎県教育委員会の調査でもほぼ同様の結果を得ている。下層からは弥生中期後半の土器、抉入石斧(えぐりいりせきふ)、紡錘車(ぼうすいしゃ)、石包丁(いしぼうちょう)片、石剣片などの石器、鯨骨(げいこつ)製紡錘車、獣骨などが出土し、上層からは後期後半の土器を主体として、太形蛤刃(はまぐりば)石斧、石鏃などの石器のほかに、鉄斧(てっぷ)、鉄鋤先(てつすきさき)、鉄(てつやりがんな)などの鉄器が多く出土し注目された。また貨泉、漢式土器片も出土した。弥生時代の鉄器の問題、貨泉・漢式土器に示される中国・朝鮮との関係などの点で、同島加良香美(からかみ)遺跡などとともに重要な遺跡である。
 幡鉾川流域の水田基盤整備事業に伴って、1991年(平成3)から芦辺町、石田町(ともに2004年合併し壱岐市となる)の教育委員会によって遺跡の範囲確認調査が実施された。この調査により、遺跡は長さ1200メートル、幅500メートルほどの広範囲に分布し、遺跡の中央部の台地は3条の環壕が巡る環壕集落であることが判明した。環壕の周辺には墓域が形成され、また道路状遺構、二つの突堤からなる船着場と考えられる遺構、水田跡などが検出されている。出土遺物は、前述のもののほかに、新たに卜骨(ぼっこつ)、短甲・楯(たて)などの木製品や建築部材も多く出土している。原の辻遺跡は弥生時代を通じて壱岐では最大の遺跡で、『魏志倭人伝』(ぎしわじんでん)に記載された一支国(いきこく)の拠点集落であったことは確実といえる。[橋口達也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原の辻遺跡の関連キーワード長崎県壱岐市芦辺町芦辺浦長崎県壱岐市芦辺町国分東触長崎県壱岐市芦辺町住吉前触長崎県壱岐市芦辺町瀬戸浦長崎県壱岐市芦辺町深江栄触長崎県壱岐市芦辺町深江東触長崎県壱岐市芦辺町深江平触長崎県壱岐市芦辺町深江南触長崎県壱岐市芦辺町諸吉仲触長崎県壱岐市芦辺町湯岳興触

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原の辻遺跡の関連情報