コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスク文化 カラスクぶんかKarasuk culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラスク文化
カラスクぶんか
Karasuk culture

南シベリア,オビ川上流のサヤン,アルタイ高地に分布した青銅器時代 (前 1200~700) 終末期の文化。この文化を特徴づけるのは墳墓群で,1ヵ所に 100基以上を数えることもある。石室をもつ墳墓で,地上に石を環状にめぐらし,また板石を立てて四角形に囲んだ低い墳丘をもっている。この文化期は,母系制社会から父系制社会への移行期にあたると考えられている。牧畜社会で,銅鉱採石を行い,土器を製作し,獣毛からの織物をつくっている。青銅製の装身具,斧,短剣,刀子には,幾何学模様の装飾が施されているが,それ以外にしばしば,野生獣もしくは家畜などの頭部や全身を形づくった装飾も使っている。これらカラスク文化の人たちと,中国北部,モンゴル,トゥーバ,ザバイカル,プリバイカル,西シベリア各地の古代住民たちとの関係が論じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラスクぶんか【カラスク文化】

ロシア,南シベリアと上部オビのサヤン・アルタイ山岳地帯に分布する青銅器時代後期の文化。アファナシエバ文化アンドロノボ文化に続く,前2千年紀終末~前1千年紀初頭の文化で,集落址や群集墓が残されており,ハカス自治州のカラスクKarasuk河岸の墳墓を基準として命名された。墓は石槨をもち,地表には,低い円形の石積墳丘,あるいは板石を立てた方形プランの列石をもっている。ソ連の研究者によると,この文化期は母系社会から父系社会への移行期であるといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラスク文化
からすくぶんか
Карасук Karasuk ロシア語

紀元前二千年紀末、南シベリアのエニセイ川上流域、ことにハカシア共和国ミヌシンスク盆地を中心に形成された青銅器時代の文化。この文化の研究は、主として墓址(ぼし)によってなされている。数百基よりなる氏族墓地もまれではなく、墓は一般に、板石を円形もしくは長方形に立て並べて囲われ、その中に墓壙(ぼこう)がある。埋葬された遺体は、頭を北東方向に向けた側臥(そくが)屈葬で、頭部付近に土器が置かれている。また、刀子(とうす)(ナイフ)、短剣、闘斧(とうふ)、腕輪、ボタン、帯金具、針などの各種の青銅製品が副葬された。遺体の傍らに家畜の骨がみられるが、これは死者に肉なども供えたのであろう。彼らの生業は牧畜によっていたと考えられ、牧民生活に欠かせない青銅製の刀子の柄には、ヤギの頭をかたどったものもある。この文化は、西はカザフスタン、東はアルタイからモンゴリアにかけての草原や森林地帯の諸民族文化にも大きな影響を与えた。[大塚和義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カラスク文化の関連キーワードマイエミール文化オルドス青銅器タガール文化

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android