コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスノエンドウ(烏豌豆) カラスノエンドウVicia angustifolia L.

1件 の用語解説(カラスノエンドウ(烏豌豆)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カラスノエンドウ【カラスノエンドウ(烏豌豆) Vicia angustifolia L.】

ソラマメと同属の野生のマメ科の一年草または越年草(イラスト)。ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)とも呼ばれる。道ばたや野原などの日当りのよい場所にふつうな雑草。茎はつる状で,長さ150cmに達し,葉の先の巻きひげによって他物に巻きつく。葉は8~16枚の偶数枚の小葉をもつ羽状複葉で,基部の托葉の中央には黒褐色の大型の腺点がある。小葉は狭倒卵形で先端はくぼんでおり,長さ2~3cm。花は紅紫色で3~6月に咲き,葉腋(ようえき)に1~3花ずつつき,長さ12~18mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone