コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラフトマス カラフトマス Oncorhynchus gorbuscha; pink salmon; humpback salmon

4件 の用語解説(カラフトマスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラフトマス
カラフトマス
Oncorhynchus gorbuscha; pink salmon; humpback salmon

サケ目サケ科の魚。体長 60cmに達する。体の上方は淡青色,下方は銀白色で,背部の後方,尾鰭に数多くの黒点がある。雄は生殖期になると背中がふくれて曲がるので,セッパリマス (背っ張りマス) とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カラフトマス

サケ科の魚。サケ類中では小型で全長50cmほど。産卵期の雄は頭に近い背部が著しく隆起するのでセッパリマス(背張鱒)ともいう。北太平洋に広く分布。第2次大戦以前には塩マスとして最も安い魚であったが,近年はピンクと称し,特に缶詰が喜ばれる。
→関連項目サケ(鮭)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

カラフトマス

 [Oncorhynchus gorbuscha].ピンクサーモン,セッパリマスともいう.日本で一般にマスといわれる.全長60〜70cmになる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラフトマス
からふとます / 樺太鱒
pink salmon
[学]Oncorhynchus gorbuscha

硬骨魚綱サケ科の魚。サケ属中もっとも分布が広く、産卵場の南限は朝鮮半島北部、北海道カリフォルニア州のラシアン川、北は北極海のレナ川からマッケンジー川の間、千島列島アリューシャン列島を含めて分布する。体の背面が鮮青色を帯びるのでアオマス、また産卵期の雄の背面が甚だしく隆起するのでセッパリマスともよばれる。英名はピンクサーモンで、これは肉色に由来する。卵巣は橙赤(とうせき)色である。夏から秋に遡上(そじょう)した親魚は川の中・下流、ときには河口部で産卵し、春に孵化(ふか)して浮上した稚魚はすぐ降海する。一冬を海で過ごし、春になると母川に向かうが、その途中急速に成長しつつ成熟を進める。かならず2年で生活史を終えるため、偶数年と奇数年級群の間に遺伝子の交換はなく、両者の豊度が異なる場合隔年の豊凶が生じる。カラフトマスは北洋漁業の対象魚としてだけでなく、春に日本海沿岸と三陸沿岸、北海道東岸沖を北上するものを対象にした沖合漁業も重要である。缶詰に適するが、塩蔵品にもされる。[石田昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラフトマスの関連キーワードサケニジマスベニザケ雨鱒砂鶏荒巻サケギンザケサケ(鮭)イトウ(伊富)サケ科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラフトマスの関連情報