コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリブ海政策 カリブかいせいさく Caribbean Policy

4件 の用語解説(カリブ海政策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリブ海政策
カリブかいせいさく
Caribbean Policy

カリブ海地域 (大小アンティル諸島中央アメリカ) の諸国に対し,影響力を堅持しようとするアメリカの政策。アメリカは自国の安全保障にとってこの地域が死活的な重要性を有すると考え,アメリカ=スペイン戦争 (1898) 以来たびたび武力干渉を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カリブ海政策【カリブかいせいさく】

1898年の米西戦争(アメリカ・スペイン戦争)における勝利に始まる米国のカリブ海進出政策。キューバプエルト・リコの支配に始まり,パナマ運河の支配,全カリブ海の支配へと進んだ。
→関連項目カリブ海プラット修正

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カリブかいせいさく【カリブ海政策】

20世紀初頭,カリブ海地域におけるアメリカの政治的優越を確立するためにとられた政策をいう。1898年の米西戦争により,アメリカはスペインにキューバを放棄させ,プエルト・リコをアメリカに譲渡させた。1902年にアメリカはキューバを独立国としたが,干渉権を留保し,また海軍基地を保持することにした。また1901年のイギリスとのヘイ=ポンスフォート条約で,アメリカは単独で中央アメリカ地峡に運河を建設,管理し,防衛することをイギリスに認めさせ,03年にはコロンビアと条約を結んでパナマ運河地帯を租借しようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリブ海政策
かりぶかいせいさく

カリブ海を「アメリカの湖」とみなし、同地域一帯の勢力圏化を目ざしたアメリカ合衆国の政策。カリブ海地域に対するアメリカの経済的、戦略的関心は、19世紀末のラテンアメリカ市場および太平洋、極東方面への進出とともに強まっていたが、とくにアメリカ・スペイン戦争(1898)後プエルト・リコを領有し、キューバを保護国化し、パナマ運河建設に着手するに及んで、カリブ海地域支配はアメリカ対外政策のかなめとなった。ドミニカ問題をめぐって宣言されたルーズベルト・コロラリー(1904)、タフト政府(1909~13)のドル外交によるニカラグアハイチの保護国化などは、カリブ海政策確立の一里塚であった。しかし、その後もウィルソン(在任1913~21)からフーバー(在任1929~33)に至る歴代政府は、共和党たると民主党たるとを問わず、カリブ海地域諸国とメキシコに対して干渉を繰り返し、ラテンアメリカ諸国から「北方の巨人」「ヤンキー帝国主義」と非難された。[高橋 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリブ海政策の関連キーワードアメリカ地中海ECLACカリビアンカリブ亜区ラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体ラテンアメリカにおける想像と暴力青春!カリブ海アフロ・アメリカ文化アフロ・アメリカ文学ラテン・アメリカ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone