カリン(読み)かりん

日本大百科全書(ニッポニカ)「カリン」の解説

カリン
かりん
[学] Pseudocydonia sinensis (Thouin) C.K.Schneid.
Chaenomeles sinensis Koehne

バラ科(APG分類:バラ科)の落葉高木。中国名は榠樝。高さ7~10メートル、径35センチメートルになる。樹皮は緑褐色、滑らかで、薄片になってはげ、落ちたあとが雲紋状になる。葉は互生し、倒卵形ないし楕円(だえん)状卵形、長さ3~8センチメートル、先はとがり、基部は円く、縁(へり)に細鋸歯(さいきょし)がある。裏面は主脈に軟毛があり、葉質はやや堅い。4、5月、淡紅色で径3~3.5センチメートルの5弁花を枝先に生する。花弁は楕円形、萼筒(がくとう)は倒円錐(とうえんすい)形で毛がなく、萼裂片は5枚で反り返り、内面に綿毛がある。雄しべは約20本で花弁より短い。花柱は3~5本あり、基部は合着して毛がある。果実は楕円形ないし倒卵形、長さ約10センチメートルのなし状果となり、秋に黄色に熟し、平滑で芳香がある。中国中部原産で、平安時代には日本に渡来していたという。適湿地でよく育ち、耐寒性があり、剪定(せんてい)もでき、盆栽、庭園にする。繁殖は実生(みしょう)、挿木、取木もするが、実生台に接木(つぎき)すると開花、結実するのが早い。果肉は堅くて酸味と渋味があって生食はできないが、氷砂糖を入れた焼酎(しょうちゅう)に漬けてカリン酒をつくり、砂糖と生薑(しょうきょう)(ショウガ)をともに煮つめた汁を固めて「かせいた」という菓子にする。また、輪切りにして砂糖とともに煎(せん)じて、鎮咳(ちんがい)、利尿の薬にする。材は心材が暗紅褐色で美しく、堅くて粘り強いので、床柱、家具、彫刻などに使われる。

 名は、材の木目が東南アジアに産するマメ科のカリン(花櫚)に似ているからという。長野県などでカリンと称して生食したり、菓子、ジャムなどにするものは、果実の表面に綿毛のあるマルメロである。

[小林義雄 2019年12月13日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「カリン」の解説

カリン

中国原産のバラ科の落葉高木。樹皮はなめらかで,鱗状にはがれる。春,新葉と同時に,芳香のある径3cmほどの淡紅色花が短枝の先に単生する。果実は楕円形で,表面に毛がなく,秋,黄熟。果肉はかたく,酸味も強くて生食できないが,砂糖漬としたり,芳香があるので果実酒の材料となる。樹は庭木,盆栽とする。長野県諏訪地方でカリンといっているものはマルメロで,本種ではない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「カリン」の解説

カリン

和名でカリンと呼ばれる植物には,マメ科のカリン(花櫚)とバラ科のカリン(花梨)とがあり,しばしば混同されるが,同名異物である。(1)花櫚Pterocarpus indicus Willd. 東南アジアからニューギニアにかけて広く分布するマメ科の樹木で,その木材がシタン(紫檀)やコクタン(黒檀)とともにいわゆる唐木(からき)の一つとして知られる。高さ35~40m,直径1~1.5mになる高木で,低く厚い板根(ばんこん)をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android