小林桂樹(読み)コバヤシケイジュ

デジタル大辞泉の解説

こばやし‐けいじゅ【小林桂樹】

[1923~2010]俳優。群馬の生まれ。日活演技研究所の研究生を経て俳優デビュー。森繁久弥主演の「社長」シリーズでサラリーマン役を演じて人気を獲得し、「裸の大将」では画家の山下清を演じた。他の出演作に「名もなく貧しく美しく」「椿三十郎(つばきさんじゅうろう)」「江分利満氏(えぶりまんし)の優雅な生活」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小林桂樹【こばやしけいじゅ】

俳優。群馬県高崎市出身。旧制群馬県立前橋中学校卒業。日本大学専門部芸術科中退。日活演技研究所研究生。1942年,《微笑の国》でデビューした。1952年,東宝の専属となり,森繁久弥の《社長シリーズ》で融通のきかないきまじめな秘書役で人気を得る一方,《ここに泉あり》(1955年,今井正監督),《裸の大将》(1958年,堀川弘通監督),《黒い画集》(1960年,堀川弘通監督),《名もなく貧しく美しく》(1961年,松山善三監督)で,ブルーリボン賞,毎日映画コンクールなど主要な映画賞の男優賞を次々と獲得,演技派としても高く評価された。日本映画の衰退とともに活躍の場はしだいにTVに移った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林桂樹 こばやし-けいじゅ

1923-2010 昭和-平成時代の俳優。
大正12年11月23日生まれ。日活にはいり,昭和17年「微笑の国」で映画デビュー。27年からの「三等重役」「一等社員」など東宝のサラリーマンシリーズで人気をえる。「裸の大将」「江分利満氏の優雅な生活」などに出演,テレビドラマでも活躍した。平成22年9月16日死去。86歳。群馬県出身。日大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林桂樹の関連情報