コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロル1世 カロルいっせいCarol I von Hohenzollern-Sigmaringen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロル1世
カロルいっせい
Carol I von Hohenzollern-Sigmaringen

[生]1839.4.20. ジークマリンゲン
[没]1914.10.10. シナヤ
ルーマニア王国初代の王 (在位 1881~1914) 。ドイツのホーエンツォレルン=ジークマリンゲン家の出身。プロシア軍に任官。従兄のナポレオン3世の仲介で,1866年ルーマニア公となり,81年ルーマニア王国の成立に伴い初代国王に即位,内政改革,軍備拡張,産業振興に努力。しかし農民問題の解決を怠り,1907年の大反乱を招いた。初め親ドイツ的傾向のため不人気であったが,ルーマニアの国際的地位の向上,特にオスマン帝国からの独立に外交的手腕を発揮して支持を集めた。自由党と保守党に交互に政権を担当させ,巧みに内政を操縦したが,結果として責任内閣制の成立を遅らせることになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

カロル1世
Carol Ⅰ


1839 - 1914
ルーマニア国籍。
元・ルーマニア国王。
南ドイツ生まれ。
旧名カルル・アイテル・フリードリヒ。
南ドイツのホーエンツォレルン・ジグマリンゲン公家に生まれた。ドレスデンとボンで教育を受け、軍人となり、プロイセン軍の首相を務めた後、1866年にルーマニア公、1881年に同国の初代国王となり1914年まで在位した。ベルギーに倣った憲法を交布した。1883年にオーストリア・ハンガリー及びドイツと秘密同盟条約を結んだが国民は親仏的で政府は第一次大戦で中立を宣言した為、失意のうちに病死した。王妃はカルメン・シルバの筆名で知られる詩人。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

カロル1世

生年月日:1839年4月20日
ルーマニア初代の国王(在位1881〜1914)
1914年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

カロル1世の関連キーワードフェルディナンド(1世)(ルーマニア王)フェルディナント1世[ルーマニア王]フェルディナンド1世シナイア修道院カロル(2世)ペリショール城ルーマニア史モルドバ公国カタルジュウカロル2世ペレシュ城生年月日シナイアギカ家

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android