コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロル1世 カロルいっせい Carol I von Hohenzollern-Sigmaringen

2件 の用語解説(カロル1世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロル1世
カロルいっせい
Carol I von Hohenzollern-Sigmaringen

[生]1839.4.20. ジークマリンゲン
[没]1914.10.10. シナヤ
ルーマニア王国初代の王 (在位 1881~1914) 。ドイツのホーエンツォレルン=ジークマリンゲン家の出身。プロシア軍に任官。従兄のナポレオン3世の仲介で,1866年ルーマニア公となり,81年ルーマニア王国の成立に伴い初代国王に即位,内政改革,軍備拡張産業振興に努力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

カロル1世
Carol Ⅰ


1839 - 1914
ルーマニア国籍。
元・ルーマニア国王。
南ドイツ生まれ。
旧名カルル・アイテル・フリードリヒ。
南ドイツのホーエンツォレルン・ジグマリンゲン公家に生まれた。ドレスデンとボンで教育を受け、軍人となり、プロイセン軍の首相を務めた後、1866年にルーマニア公、1881年に同国の初代国王となり1914年まで在位した。ベルギーに倣った憲法を交布した。1883年にオーストリアハンガリー及びドイツと秘密同盟条約を結んだが国民は親仏的で政府は第一次大戦で中立を宣言した為、失意のうちに病死した。王妃はカルメン・シルバの筆名で知られる詩人。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カロル1世の関連キーワードマリンムジークジークムント犬吠崎マリンパークダークマンテトラマリン フレークテトラマリン ラージフレークマジーク三井アウトレットパークマリンピア神戸

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone