コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワハギ(皮剝) カワハギfile fish

世界大百科事典 第2版の解説

カワハギ【カワハギ(皮剝) file fish】

フグ目カワハギ科の海産魚イラスト)。本州中部以南,南方水域に広く分布する。体は著しく側扁し,突出したふん)の先端に小さな口がある。皮膚はかたく,うろこは小さくて微小なとげがあるため体の表面は絨毛(じゆうもう)状を呈する。瀬戸内地方でハゲ,福岡でカワムキなどの地方名も,標準和名のカワハギも,かたい皮をはいで食膳に供するところからつけられたものである。第1背びれと腹びれは退化していずれも1本の棘(きよく)だけになっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android