コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スブタ Blyxa ceratosperma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スブタ
Blyxa ceratosperma

トチカガミ科の水生一年草。アジア東部から南部およびオーストラリア温帯から亜熱帯にかけて広く分布し,溝や水田などの浅い水中に生える。茎はきわめて短く,多数のひげ根を出す。はすべて根生し,線形で長鋭尖頭,無柄で葉縁に鋸歯がある。夏から秋にかけて,腋生の花柄を出し,頂端に1個ずつ白色花をつける。花柄は花後もさらに伸長する。内,外花被片とも3枚ずつで,おしべは3本,めしべ花柱は3裂する。「すぶた」は名古屋地方の方言で,乱れ髪のこと。密生した葉が水中にあるのをいったもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スブタ【Blyxa echinosperma (Clarke) Hook.f.】

水田や溝に沈んで生えるトチカガミ科の一年草(イラスト)。根生して株をつくる。葉は線形で,紫褐色を帯び,長さ10~30cm,先はしだいに細くなり,縁に細鋸歯がある。花は両性花で,8~10月に開花する。花をつつむ苞鞘(ほうしよう)の柄は花時に3~4cmの長さで,花後にさらに伸びる。子房は下位で開花時にも苞鞘の中にあり,萼筒が水深に応じて細長く伸び,花の上端が水面に達する。萼裂片は3個。花弁は3枚で細く,長さ約13mmで白色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スブタ
すぶた / 簀蓋
[学]Blyxa echinosperma (C. B. Clarke) Hook. f.

トチカガミ科の一年生水草。葉は柔らかくて弱く根生し、無柄で線状披針(ひしん)形。長さ10~30センチメートル、幅数ミリメートル、縁(へり)の微鋸歯(きょし)は明瞭(めいりょう)である。8~10月、葉腋(ようえき)から数センチメートルの花茎を出し、上方に円筒状で長さ3~5センチメートルの包鞘(ほうしょう)を1個つけ、中から淡緑色の両性花を1個出す。花弁、萼片(がくへん)ともに三枚で線形。種子は楕円(だえん)形で表面にいぼ状の突起が散在し、両端は刺(とげ)状にとがる。水田や溝に生え、本州以西の日本、アジアに広く分布する。中京地方で女性の乱れ髪のことをすぶた髪というが、これは、スブタの葉が水中で乱れてなびくことになぞらえたものという。[大滝末男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スブタの関連キーワードウリヤンハダイ(兀良合台)ウッドワード=ホフマン則スブタイ(速不台)ブタインフルエンザチャガン(察罕)チンギス・ハンメルキトカワハギジェベ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スブタの関連情報