コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンガルー島 カンガルーとうKangaroo Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンガルー島
カンガルーとう
Kangaroo Island

オーストラリア,サウスオーストラリア州南東部,ヨーク半島の南方約 40kmにある島。面積 4352km2。東西約 140km,南北約 50km。一般に低い海食崖をもつ台地状地形で,土壌はやせている。 1948年以後ヒツジおよび大麦のための大規模な土地開墾が行われた。最初 1803年にアメリカのアザラシ狩りの漁師たちに占拠されたが,36年からサウスオーストラリア会社の入植地および捕鯨基地として利用された。中心地はかつての捕鯨基地キングズコートで,避暑地として知られる。西端には自然保護区域 (フリンダーズチェイス国立公園) が設定され,観光地でもある。石膏埋蔵でも知られる。人口 2044 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カンガルー‐とう〔‐タウ〕【カンガルー島】

Kangaroo Island》オーストラリア、南オーストラリア州南東部の島。アデレードの南西約120キロメートル、フルリオ半島の先端の沖合約10キロメートルに浮かぶ。主な町はキングスコートとペネショー。名称は1802年に英国の航海者マシュー=フリンダーズが上陸し、食糧不足のためカンガルーを捕らえたことに由来する。西部と南部に国立公園や自然保護区があり、カンガルー、コアラ、オーストラリアアシカコビトペンギンなどが生息する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンガルー島
かんがるーとう
Kangaroo Island

オーストラリア、サウス・オーストラリア州、アデレードの南西約120キロメートルにある島。面積4351平方キロメートル、人口4384(2001)。中心都市はキングズコートKingscote。主産業は観光と石膏(せっこう)採掘である。西部に自然保護地区がある。サウス・オーストラリア州最初の入植地(1836)。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カンガルー島の関連キーワードフリンダースチェイス国立公園シールベイ自然保護区セントビンセント湾ネズミカンガルーワライカワセミキバタン谷内

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android