コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンガルー島(読み)カンガルーとう(英語表記)Kangaroo Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンガルー島
カンガルーとう
Kangaroo Island

オーストラリア,サウスオーストラリア州南東部,ヨーク半島の南方約 40kmにある島。面積 4352km2。東西約 140km,南北約 50km。一般に低い海食崖をもつ台地状地形で,土壌はやせている。 1948年以後ヒツジおよび大麦のための大規模な土地開墾が行われた。最初 1803年にアメリカのアザラシ狩りの漁師たちに占拠されたが,36年からサウスオーストラリア会社の入植地および捕鯨基地として利用された。中心地はかつての捕鯨基地キングズコートで,避暑地として知られる。西端には自然保護区域 (フリンダーズチェイス国立公園) が設定され,観光地でもある。石膏埋蔵でも知られる。人口 2044 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カンガルー‐とう〔‐タウ〕【カンガルー島】

Kangaroo Island》オーストラリア、南オーストラリア州南東部の島。アデレードの南西約120キロメートル、フルリオ半島の先端の沖合約10キロメートルに浮かぶ。主な町はキングスコートとペネショー。名称は1802年に英国の航海者マシュー=フリンダーズが上陸し、食糧不足のためカンガルーを捕らえたことに由来する。西部と南部に国立公園や自然保護区があり、カンガルー、コアラ、オーストラリアアシカコビトペンギンなどが生息する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンガルー島
かんがるーとう
Kangaroo Island

オーストラリア、サウス・オーストラリア州、アデレードの南西約120キロメートルにある島。面積4351平方キロメートル、人口4384(2001)。中心都市はキングズコートKingscote。主産業は観光と石膏(せっこう)採掘である。西部に自然保護地区がある。サウス・オーストラリア州最初の入植地(1836)。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android