コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンクン Cancún

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンクン
Cancún

メキシコ南東部,キンタナロー州にある都市,リゾート地区。カリブ海に突き出たユカタン半島の北東岸に位置する。世界的に有名なリゾート地区は長さ 21km,幅 400mの逆 L字形で,高層ホテルや施設が立ち並び,砂浜,ヤシ,サンゴ礁で彩られる。温暖な熱帯性気候で,短い雨季がある。かつてマヤ族の定住地域で,マヤ文明の研究者であるアメリカ合衆国のジョン・ロイド・スティーブンズとイギリスのフレデリック・キャサーウッドによって,1843年にカンクーネ(マヤ語で「虹の向こうの船」の意味)という名で記録された。マヤ族の漁民 100人ほどが住む小さな集落だったが,メキシコ政府の 3年間にわたる現地調査ののち,1970年,リゾート地に選定された。1980年代の建設ブームによって一大リゾートへと発展し,アメリカやヨーロッパなどから多数の観光客が訪れる。ハイウェーで北のプエルトフアレス,南のプエルトモレロスなどの港町,南のトゥルム遺跡,西のチチェン・イツァ遺跡などのマヤ遺跡と結ばれている。カンクン国際空港がある。人口 58万6288(2005)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カンクン(Cancún)

メキシコ東部、キンタナロー州ユカタン半島の先端に位置する観光・保養都市。カリブ海に面するリゾート地として発展。周辺に世界文化遺産に登録されたマヤ文明チチェン‐イッツア遺跡、世界自然遺産のシアン‐カーン自然保護区がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カンクン

メキシコ,ユカタン半島キンタナロー州の国際観光都市。1970年代にメキシコ政府により開発が開始され,カリブ海に面する漁村が巨大ホテルの立ち並ぶ国際空港を備えた近代的リゾートへ変貌した。
→関連項目シアン・カアン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カンクン

関西国際空港のキャラクター。翼のある地球のイメージ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

カンクン【Cancún】

メキシコ、ユカタン半島北東部のカリブ海に臨む保養都市。1970年代から急速に発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カンクンの関連キーワード国連気候変動枠組み条約天津作業部会ポスト京都議定書の新体制作りグローバル・ネゴシエーションシェルハ自然水族館ブラント委員会報告イスラムヘーレスブラント委員会緑の気候基金関西国際空港カンクン合意南北サミットシェルハトゥルムシカレ

カンクンの関連情報