コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンザシゴカイ

2件 の用語解説(カンザシゴカイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カンザシゴカイ

多毛綱カンザシゴカイSerpulidaeに属する環形動物の総称。頭部の鰓冠(さいかん)にある1個の殻ぶたをかんざし(簪)にみたててこの名がある。日本には現在27属60種ほどが知られている。 カンザシゴカイ類は石灰質を分泌して管をつくり,その中で終生生活する。体は鰓冠部,胸部,腹部に分かれる。体長は大きいもので7~8cmになるが,大部分は3cm前後。鰓冠部には数対~数十対の鰓糸が半円状やらせん状に並び,そのうちの1本が特別な殻柄(かくへい)になり,先端に殻ぶたをつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンザシゴカイ
かんざしごかい / 簪沙蚕

環形動物門多毛綱定在目カンザシゴカイ科Serpulidaeに属する種類の総称。頭端にある鰓冠(さいかん)の一部が変形してできた殻蓋(かくぶた)をかんざしに見立てて名づけられた。虫体はいずれも石灰質の管の中にすみ、殻蓋で管の入口をふさいで身を守る。この殻蓋にはいろいろな形があり、それらが分類上たいせつな特徴になっている。ヒトエカンザシSerpula vermicularisの殻蓋は、ただ1個の大きな漏斗(ろうと)状。カサネカンザシ属Hydroidesの種類は杯状体が上下2段に重なっていて、上段の形態が種により異なっている。暖海のサンゴ礁に埋まって、色とりどりの鰓冠をのぞかせているイバラカンザシSpirobranchus giganteusは、杯状体の上にシカの角(つの)のような突起物をつけている。東北地方以南の海岸にごく普通にみられ、青色の管に入っているヤッコカンザシPomatoleios kraussiiは上端が扁平(へんぺい)な単一杯状体で、その基部に1対の翼状の突起をもつ。現在日本から60種ほど知られている。この類が養殖中のカキやアコヤガイの殻の上を覆って窒息死させることもあり、1969年(昭和44)に広島湾の養殖ガキは数億円の被害を受けた。また、海中の器材や諸施設に厚さが10センチメートルくらいの層になって密着することもあり、このような状態になる種類を汚損動物といっている。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンザシゴカイの関連キーワード多毛類髪状毛綱沙蚕巣沙蚕松葉簪後ろ挿玉敷沙蚕翼沙蚕カンザシ