コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンパリ Campari

百科事典マイペディアの解説

カンパリ

イタリアのリキュールの一種。1860年にミラノのガスパーレ・カンパリが創製したもので,息子ダビデの代にカンパリと改名。ビター・オレンジ,キャラウェーコリアンダーリンドウの根などが配合され,苦味と甘味のある深紅色の酒。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

カンパリ

 ビターオレンジを主たる原料とする赤色の酒.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

カンパリ【campari】

イタリアのアペリティフ用ビタースの一。ルビーのような赤色が美しく、快い苦みとさわやかな口当たりのため、カクテルなどに用いられる。 〔開発者のガスパーレ=カンパリの名にちなむ〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

カンパリ【Campari(イタリア)】


イタリアのダビデ・カンパリ社が製造するリキュールの商標名。ビターオレンジ、キャラウェイ、コリアンダーなど数十種の香草香辛料の風味をスピリッツにつけ、加糖して製する。鮮やかな赤い色と苦味が特徴。カクテルの材料として用いられることが多い。◇1860年、ミラノに酒場を開いたガスパーレ・カンパリが考案したとされる。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のカンパリの言及

【アペリチフ】より

…前者にはシャンパン,シェリー,ベルモットなどのほか,ワインをベースにキナ皮その他を加えたビイルbyrrhやデュポネなどがある。後者には,スピリッツをベースにしてアニス,フェンネルその他の薬草,香草を用いたアニゼット,カンパリなどのリキュールがあり,炭酸水や水で割って飲用される。アペリチフに対して,食後に供される食後酒はディジェスチフdigestifと呼ぶ。…

【リキュール】より

…(1)ハーブ(香草)系 各種の芳香植物を配合するもので,薬酒として,修道院などでつくられてきたものが多い。ベネディクティンとシャルトルーズのほか,アブサンキュンメルペパーミント,アイリッシュミスト,ドランビュイ,カンパリなどが知られる。アイリッシュミストはアイリッシュウィスキーを基酒とし,香草類やはちみつを加えたもの,ドランビュイも同じタイプでスコッチウィスキーを基酒とする。…

※「カンパリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カンパリの関連キーワードCocktail Bathカンパリアンドオレンジシャルダン マイアロマカンパリアンドソーダリンドウ(竜胆)カンパリオレンジカンパリソーダカンパリ曹達オールドパルスプモーニアペリチフネグローニ可愛い萌え