コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンボク(肝木) カンボク Viburnum sargentii; viburnum

1件 の用語解説(カンボク(肝木)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンボク(肝木)
カンボク
Viburnum sargentii; viburnum

スイカズラ科の落葉低木。日本ではブナ帯から北の湿ったところに生え,サハリン,千島,朝鮮半島,中国,アムール地方など東アジアに広く分布する。高さ 2.5~3mで,葉は対生し,葉身は普通3裂して裂片の先は鋭くとがり,縁にはまばらに鋸歯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンボク(肝木)の関連キーワード莢蒾肝木黄花空木谷空木二色空木箱根空木鬱金空木おとこようぞめ小葉の莢蒾深山莢蒾