カンボク(肝木)(読み)カンボク(英語表記)Viburnum sargentii; viburnum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンボク(肝木)
カンボク
Viburnum sargentii; viburnum

スイカズラ科の落葉低木。日本ではブナ帯から北の湿ったところに生え,サハリン千島朝鮮半島,中国,アムール地方など東アジアに広く分布する。高さ 2.5~3mで,葉は対生し,葉身は普通3裂して裂片の先は鋭くとがり,縁にはまばらに鋸歯がある。初夏,枝先に散房状の花序を出し,多数の白色の小花をつける。花序の周辺にはアジサイに似た花冠の大きい装飾花が目立つ。核果は赤く熟する。材は白色で柔らかく,つまようじなどをつくるのに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android