コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーコーディ カーコーディKirkcaldy, Sir William

4件 の用語解説(カーコーディの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーコーディ
カーコーディ
Kirkcaldy, Sir William

[生]1520.2.3.
[没]1573.8.3. エディンバラ
スコットランドの軍人。新教徒で,1546年 N.レズリーと共謀して枢機卿 D.ビートンを殺害。 67年メアリー・スチュアートボスウェル (伯) の結婚に反対して蜂起した貴族たちのリーダーになり,カーベリーヒルに対決して彼女を捕えたが,その後は彼女の支持者になり,68年から摂政マレー伯の軍に抗してエディンバラを守り抜いたが,ついに屈して処刑された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カーコーディ
カーコーディ
Kirkcaldy

イギリススコットランド東部,ファイフ南部の都市。北海の入り海フォース湾の北岸に位置する。1450年に勅許都市となり,15~16世紀には商業中心地,港町として発展,特に食塩の取り引きが盛んであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カーコーディ
カーコーディ
Kirkcaldy

イギリススコットランド東部,ファイフ東部の旧地区名。1975年の自治体再編でファイフ県に属する一地区として新設,1996年同県の単一自治体(カウンシルエリア council area)への移行に伴い廃止。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーコーディ【Kirkcaldy】

イギリス,スコットランド東部,ファイフ州南部の工業都市。人口14万9000(1993)。フォース湾をはさんでエジンバラの対岸に位置し,良港をなす。ファイフ炭田の中心にあたり,石炭積出港として繁栄したが,現在はリノリウム,油布工業のほか,捺染,農業機械などの工業が発展している。アダムスミスの出生地であり,《国富論》はこの地で書かれた。文学者のT.カーライルやE.アービングも一時この町で教師をしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

カーコーディの関連キーワード天正セリム元亀封神演義岩成友通三好義継篠原長房島井宗室若江城小谷城跡

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カーコーディの関連情報