コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーコーディ Kirkcaldy, Sir William

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーコーディ
Kirkcaldy, Sir William

[生]1520.2.3.
[没]1573.8.3. エディンバラ
スコットランドの軍人。新教徒で,1546年 N.レズリーと共謀して枢機卿 D.ビートンを殺害。 67年メアリー・スチュアートボスウェル (伯) の結婚に反対して蜂起した貴族たちのリーダーになり,カーベリーヒルに対決して彼女を捕えたが,その後は彼女の支持者になり,68年から摂政マレー伯の軍に抗してエディンバラを守り抜いたが,ついに屈して処刑された。

カーコーディ
Kirkcaldy

イギリススコットランド東部,ファイフ南部の都市。北海の入り海フォース湾北岸に位置する。1450年に勅許都市となり,15~16世紀には商業中心地,港町として発展,特に食塩の取り引きが盛んであった。18世紀にはジャコバイト反乱やアメリカ植民地の独立などの影響によって貿易が衰退したが,19世紀に入ってリネン工業で復興し,19世紀後半リノリウム工業の発達により最盛期を迎えた。その後プラスチックビニルが敷物用に用いられるようになったため,リノリウム工業は衰退し,工場地帯の大部分住宅地として再開発された。今日ではおもに麦芽,リネン,ロープ,家具,電気器具などが製造される。経済学者アダムスミスの生地。人口 4万7090(2004推計)。

カーコーディ
Kirkcaldy

イギリススコットランド東部,ファイフ東部の旧地区名。1975年の自治体再編でファイフ県に属する一地区として新設,1996年同県の単一自治体(カウンシルエリア council area)への移行に伴い廃止。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーコーディ【Kirkcaldy】

イギリス,スコットランド東部,ファイフ州南部の工業都市。人口14万9000(1993)。フォース湾をはさんでエジンバラの対岸に位置し,良港をなす。ファイフ炭田の中心にあたり,石炭積出港として繁栄したが,現在はリノリウム,油布工業のほか,捺染,農業機械などの工業が発展している。アダム・スミスの出生地であり,《国富論》はこの地で書かれた。文学者のT.カーライルやE.アービングも一時この町で教師をしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カーコーディの関連キーワードレノックス(伯・公家)ゴードン ブラウンガイ ベリーマン尾台あけみアダム兄弟レズリー新教徒

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android