コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーニバル カーニバル carnival

翻訳|carnival

6件 の用語解説(カーニバルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーニバル
カーニバル
carnival

謝肉祭とも呼ばれ,ローマカトリック諸国で,四旬節直前の3日ないし1週間にわたって催される民俗的な祭り。語源は,carne vale (肉よさらば) ,あるいは carnem levare (肉を減らす) とみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カーニバル(carnival)

ラテン語で、肉を断つことの意》
謝肉祭。カトリック教国で、四旬節(しじゅんせつ)の直前に3日ないし1週間にわたって行われる祝祭。冬の悪霊追放、春の豊作・幸運祈願に由来し、仮装行列を伴いしばしば狂騒的となる。 春》
陽気なお祭り騒ぎ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カーニバル

カトリック・キリスト教圏で行われた祝祭で,〈謝肉祭〉と訳される。四旬節(復活祭前の40日で,肉断ちと懺悔の期間)に先立つ数日,日,月,火の3日間があてられることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カーニバル【carnival】

カトリック系ヨーロッパ社会で始まった,年に1度の民衆的祝祭。〈謝肉祭〉と邦訳される。カーニバルの起源は,現世を支配する社会機構からの解放と農神サトゥルヌス黄金時代への回帰を実現する,ローマ時代の農神祭サトゥルナリアのような先キリスト教文化の農耕儀礼にたどることができる。季節の循環と神話を豊饒儀礼として祭式化したサトゥルナリアの精神は,中世,ルネサンス期のヨーロッパ民衆文化に受け継がれ,復活祭(イースター)の40日前から,荒野で修行したキリストをしのんで,おもに獣肉を断ち懺悔を行う四旬節が始まるが,それに先立つ3~7日間,飽食と笑いの祝祭として,教会暦のなかに非公式的に定着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カーニバル【carnival】

謝肉祭。
にぎやかなお祭りさわぎを伴う催し。 「海の-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーニバル
かーにばる
carnival

キリスト教国のうち、主としてローマ・カトリックの国々で行われる祭り。謝肉祭と訳される。毎年復活祭(イースター)の40日前から始まる四旬節の期間中は、キリストの断食をしのんで肉食を絶つ習慣があるが、カーニバルは四旬節前に肉を食べて楽しく遊ぼうというための行事である。3日ないし8日間行われ、ラテン語のカロ・ウァーレcaro vale(肉よ、さらば)またはカルネム・レウァーレcarnem levare(肉を取り除く、肉食を絶つ)が語源とされる。
 カーニバルの起源はローマ時代の冬至祭Saturnaliaである。キリスト教の初期に、この新宗教に加入したローマ人を懐柔するために、彼らの間で行われていた農耕祭を認めたもので、キリスト教としては異教的な祭りであった。初期のカーニバルは、主顕祭(12日祭、1月6日)から四旬節の始まる前日の懺悔(ざんげ)火曜日までであったが、歴代教皇によって、四旬節の最初の日の聖灰水曜日の直前6日ないし7日に限るとされた。ローマの冬至祭はサトゥルヌスSaturnus(農業の神)の祭りで、農神祭あるいは収納祭といわれていた。これがカーニバルとクリスマスの起源となった。キリスト教徒によって受け継がれたときは、12月25日から始まって、新年の祭りと12日祭の両方をあわせ含んだものであった。これがヨーロッパの南国では戸外のお祭り騒ぎを主にしたカーニバルになり、北国では宗教的意義をもつクリスマスとなった。
 カーニバルの行事は時代と国々によって異なる。農山村では豊作・多幸を祈念する春の祭りで、古くから伝わる仮面・仮装や張り子の偶像が悪霊に対する威嚇を象徴したものであるのに対し、都会では仮装や張り子の偶像による行列などが盛大に行われる。オーストリアのウィーンのように、国立劇場で音楽や歌劇を楽しむ風習もある。世界的に名高いのは、イタリアのフィレンツェ、ベネチア、南フランスのニース、ドイツのケルン、スイスのバーゼル、アメリカのニュー・オーリンズ、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロなどであるが、なかでもリオのカーニバルは、毎年おびただしい死者や負傷者が出ることでも知られている。こうした行事にちなんで、仮装行列などのあるにぎやかな催しや祭りをカーニバルとよぶようになった。日本でも1948年(昭和23)鎌倉で「鎌倉カーニバル」が行われてから、夏に「海のカーニバル」を催して女王を選出する行事などがみられる。[佐藤農人]
 カーニバルの特徴はヨーロッパ中世においてもっとも明白に現れる。秩序に縛られない精神の高揚・一体感を与えるカーニバルにおいては、フランソア・ラブレーの作品などをみると、日常の社会規範や秩序が一時的に転倒された祝祭空間が立ち現れ、仮装・暴飲暴食・悪口雑言・痴愚王など、封建制度やキリスト教倫理による束縛の枠外にあるさまざまな要素が存在していたことがわかる。この祭りは冬を追い払い春を迎えるために行われる祭りに由来するため、一時的な秩序の転倒を組み込む点で、季節や人生の段階の変わり目に行われる通過儀礼と共通点をもつ。カーニバルにおける反秩序的な状態は本来一時的なものであり、カーニバルを通過することによってふたたび活性化された本来の秩序が、祭りの終了と同時に回復されるが、フランスのロマンという都市で発生した虐殺など、カーニバルが社会の矛盾を顕在化させ暴動にまで発展した例もある。[木村秀雄]
『M・バフチーン著、川端香男里訳『フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネッサンスの民衆文化』(1973・せりか書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカーニバルの言及

【詩学】より

…その対話的な言葉は対象のみでなく他者をも志向し,〈他者の言葉〉に浸透されている。小説の言葉は〈もの〉ではなく,思想=意識=声なのであって,対話は単に言葉のやりとり,相互浸透ではなく,小説の対話的な言葉の源泉にはカーニバル的世界観があるとした。無礼講的祝祭カーニバルでは聖俗,貴賤,死生等の対立が一挙に止揚され,抑圧された人間性が解放される。…

【謝肉祭劇】より

…15世紀から16世紀にかけて,今日のドイツ,オーストリア,スイスなどの諸都市において,謝肉祭(カーニバル)の期間に盛んに演じられた一連の演劇をいう。この演劇は,当時都市の中心勢力となっていた手工業者(職人,マイスター)のなかから,ゲルマン土着の春祭の伝統を受けつぎつつ生まれでたものであり,その性格はキリスト教的であるよりは,むしろきわめて民衆的・祝祭的なものであった。…

【スイス】より

…【千足 伸行】
[民俗]
 コスモポリタン的文化の背後にはいかにも民衆的な民俗行事がスイスには多数残されている。厳しい冬という悪魔を追い出し,春を迎える行事としては,バーゼルのファスナハトFastnacht(カーニバル)やチューリヒのゼクセロイテンが有名である。前者は薄気味悪い仮面をつけ,独特のリズムの鼓笛隊の音につれて一晩中仮装行列の行進をする。…

【肉】より

…灰の水曜日から復活祭の前日までの6週間半,日曜を除く40日間を断食と斎戒で過ごすのは,聖グレゴリウスによれば四元素からなる肉体が肉の欲望のために十誡を犯すので,その肉体を40回苦しめなければならないためである。四旬節に先立つカーニバル(謝肉祭)のいわれは,断食して〈肉caro,carnisから離れるlevare〉の意のラテン語carnelevamenがイタリア語に訳されてcarnevaleとなった際,valeがラテン語にもあって〈さようなら〉の意なので,カーニバルが肉に感謝しつつ別れを告げる祝祭になったという。それゆえ,この祭りの期間には食欲と性欲を満たすことが公に許される結果になった。…

【ベネチア】より

…享楽的文化を生み出す場として賭博場が人気を呼び,仮面をつけた貴族でにぎわった。カーニバル(謝肉祭)も当時のベネチアを彩る重要な祭りだった。3万人もの人がベネチアを訪れ,サン・マルコ広場を舞台に,仮面をつけ黒マントをはおった人々は,階級差を忘れ社会的慣習からも解放されてばか騒ぎに興じた。…

※「カーニバル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カーニバルの関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ東ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパ理事会ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ通貨機構《ヨーロッパ社会再組織論》ヨーロッパ級

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カーニバルの関連情報