コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーボン・ニュートラル かーぼんにゅーとらるcarbon neutral

知恵蔵の解説

カーボン・ニュートラル

木材や農業廃棄物などはバイオマスと呼ばれるエネルギー資源であり、炭酸同化作用により太陽の光を吸収して空気中の二酸化炭素を固定する。バイオマスをエネルギーとして利用する時、燃焼などにより二酸化炭素が排出されるが、植林や農作業により再びバイオマスが大気中の二酸化炭素を吸収する。このため、バイオマスの利用により大気中の二酸化炭素が増加することはない。これをカーボン・ニュートラルと呼ぶ。バイオマスを化石燃料の代わりに利用すれば、二酸化炭素の排出を抑制できる。

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

カーボン・ニュートラルの関連キーワードバイオマス・ニッポン総合戦略バイオマスプラスチックの動向カーボンニュートラルカーボンオフセットバイオプラスチックWPIプログラムバイオエタノールバイオマス発電水素エネルギー木質ペレットグリーン水素ガス化

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カーボン・ニュートラルの関連情報