コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガイウス ガイウス Gaius

6件 の用語解説(ガイウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガイウス
ガイウス
Gaius

2世紀中頃のローマの法学者。経歴不詳。当時の法学者がほとんど高級官僚であったのに対し,純粋にアカデミックな法学者として法学教育に従事したといわれる。彼の権威を高らしめた『法学提要』 Institutiones (161頃) の写本は,1816年 B. G.ニーブールによりベロナでほとんど完全な姿で発見され,今日,伝えられる最古の法学入門書となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガイウス(Gaius)

2世紀ごろのローマの法学者。その著「法学提要」は法学入門書として帝国内に長く普及。ユスティニアヌス帝の「法学提要」を通して、後世の法体系に大きな影響を与えた。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガイウス

2世紀ころのローマの法学者。主著《法学提要》4巻は,ローマの民事法を歴史的説明を交えながら体系的に概説したもので,後世の私法の発達にきわめて大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガイウス【Gaius】

2世紀のローマの法学者。東部属州に生まれ,または活動した法学者といわれることがあるが,その生没年,経歴は不詳。古典期(アウグストゥス以降の元首政時代)の法学者には一度も言及されていないが,後古典期においては,引用法において5名の権威あるローマ法学者のうちに数えられるなど,重要な法学者と認められていた。著作としては,〈学説彙纂〉に収録されて伝わる《属州告示注解》32巻,《十二表法注解》6巻などのほか,ローマの法学著作の中では珍しく体系的説明を試みる《法学提要》4巻が,古典期に近い時代に書かれた写本により今日に直接伝えられ,古典期およびそれ以前のローマ法について貴重な資料を提供する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガイウス【Gaius】

二世紀のローマの法学者。法学の入門書として著した「法学提要」はローマ帝国各地で重視された。また、人の法、物の法、訴訟の法という編別は後世の法典の模範となった。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガイウス
がいうす
Gaius

生没年不詳。2世紀ごろの古代ローマの法学者。生涯のみならずフルネームも不詳。正しくはガーユス。「ガイウス」は、ローマ人の三つの名前のうち個人名にあたると考えられている。属州出身者と思われる。同時代の他の法学者と異なり、官職にもつかず、皇帝の諮問に答える解答権ius respondendiももたない純粋の学究だった。彼の主著である『法学提要』Institutiones(160ころ)は、4、5世紀に東部の法律学校の1年生用のテキストに用いられたものと思われ、ユスティニアヌスの『法学提要』の基礎ともなった。法律を、人personaeの法、物resの法、訴訟actionesの法に分けた分類、物を有体物と無体物に分けた分類など、後世に影響を与えた理論が多い。[弓削 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガイウスの言及

【法学提要】より

…一般には法学入門書を意味し,ローマ古典期法学者の何人かの著作があるが,その中で,私法を人,物,訴訟に区分しその順序で理解しやすく叙述したガイウスの《法学提要》4巻がとりわけ重要である。ユスティニアヌス1世は法典編纂に際し,ガイウスのそれをもとに,その後の法の変更を併せ考慮した《法学提要》4巻をテオフィルスおよびドロテウスに作成させ,533年学説彙纂と同時にこれに法的効力を付した。…

※「ガイウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガイウスの関連キーワードイェーリングネルウァノリクムプロウィンキアスカエウォラローマの泉ローマの松ローマの祭ローマの噴水ローマの祭り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガイウスの関連情報