ガイガー(読み)がいがー(英語表記)Hans Wilhelm Geiger

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガイガー(Hans Wilhelm Geiger)
がいがー
Hans Wilhelm Geiger
(1882―1945)

ドイツの実験物理学者。ガイガー・カウンターの考案で知られる。インド学者ウィルヘルム・ガイガーWilhelm Geiger(1856―1943)を父にノイシュタットに生まれ、エルランゲン大学、ミュンヘン大学で物理学を学んだ。1906年イギリスのマンチェスター大学でシュスターの助手となり、翌1907年シュスターの後を継いだラザフォードの下にとどまり、α(アルファ)線散乱の実験に従事、優れた研究成果をあげた。とくにα粒子が気体分子と衝突して電離する作用を利用したα粒子の計数装置は、後のガイガー計数管(1908)やガイガー‐ミュラー計数管(1928)として知られるさまざまな荷電粒子の計数管に発展し、放射線計測学の基礎を築いた。またマースデンErnest Marsden(1889―1970)とともに行ったα粒子の大角散乱の存在を示す実験(1909)は、ラザフォードの原子構造の研究を基礎づけた。さらにヌッタルJohn Mitchell Nuttall(1890―1958)との共同実験では、α粒子の飛程と親原子の平均寿命を関係づける法則(ガイガー‐ヌッタルの法則)を導いた。
 1912年帰国し、ベルリンの国立物理研究所に新設されたラジウム研究所の主任研究員となった。ここでボーテとともに、光の散乱で生じる反跳電子を測定して、光量子(光子)説を実験的に確かめた。第一次世界大戦に従軍したのち、1925年キール大学教授、1929年チュービンゲン大学教授となるが、ナチス政権が確立すると親英的研究者とみなされて、よいポストにつくことを妨げられたらしく、1936年から1944年まではベルリンの工業高等学校で教鞭(きょうべん)をとった。[川合葉子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガイガーの関連情報