コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス糸 ガスイト

デジタル大辞泉の解説

ガス‐いと【ガス糸】

主に木綿糸ガスの炎の中を高速度で通過させ、表面の毛羽(けば)を焼き取って滑らかで光沢のあるにしたもの。高級綿織物用。ガス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ガス糸【ガスいと】

ガス毛焼機を用い,ガスの炎の中を高速度で通過させるガス加工を施して,表面の毛羽(けば)を焼き,光沢を出した糸。ガス焼すると,熱で蝋分がしみ出て繊維を接着するため,糸面が平滑になり,糸の強度も増す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガスいと【ガス糸 gassed yarn】

ガスの炎の中を高速で通過させ,表面に出ている毛羽(けば)を焼いて除いた糸。通常,ガス糸にするのは綿糸であるが,ほかにも絹紡糸や麻糸などもガス糸にすることがある。毛焼きすることにより,糸の表面が平滑になり,光沢が増し,強度も増加する。綿ガス糸はさらにシルケット加工をして用いることが多い。レース,ブロード,ポプリン,ボイル,クレープなどの織物用に用いたり,ミシン糸,ししゅう糸などに用いる。【坂本 宗仙】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ガスいと【ガス糸】

糸の表面のけばをガスの炎で焼いて光沢をもたせた木綿糸。ガス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガス糸
がすいと

毛羽焼きを行った糸のこと。主として都市ガスを使用するが、そのガスの炎中に糸を高速で通し、表面の毛羽や雑物を焼き取った糸で、おもに綿ガス糸のことをさす。この工程を経ることにより、綿繊維の表面が加熱のためにろう質が柔らかくなり、繊維の結合が強化されることになる。織物の経緯(たてよこ)いずれかの原糸に施されるほか、細番手のカタン糸にもガス焼きを行うことがある。また絹紡糸、あるいは上質の麻糸に施すことがある。こののちにシルケット加工をするが、表面は平滑となり光沢がつく。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ガス糸の関連キーワードガス織り・ガス織山吹織り・山吹織ガス羽二重ガス海気羽二重縞ガス縮緬仕付け糸ガス金巾ガス木綿ガス八丈ガス綸子ガス双子ガス風通保多織小町糸ガス縞紡績縞小倉織縫い糸擬風通

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android