コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス糸 ガスイト

5件 の用語解説(ガス糸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ガス‐いと【ガス糸】

主に木綿糸をガスの炎の中を高速度で通過させ、表面の毛羽(けば)を焼き取って滑らかで光沢のある糸にしたもの。高級綿織物用。ガス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガス糸【ガスいと】

ガス毛焼機を用い,ガスの炎の中を高速度で通過させるガス加工を施して,表面の毛羽(けば)を焼き,光沢を出した糸。ガス焼すると,熱で蝋分がしみ出て繊維を接着するため,糸面が平滑になり,糸の強度も増す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガスいと【ガス糸 gassed yarn】

ガスの炎の中を高速で通過させ,表面に出ている毛羽(けば)を焼いて除いた糸。通常,ガス糸にするのは綿糸であるが,ほかにも絹紡糸や麻糸などもガス糸にすることがある。毛焼きすることにより,糸の表面が平滑になり,光沢が増し,強度も増加する。綿ガス糸はさらにシルケット加工をして用いることが多い。レースブロードポプリンボイルクレープなどの織物用に用いたり,ミシン糸,ししゅう糸などに用いる。【坂本 宗仙】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガスいと【ガス糸】

糸の表面のけばをガスの炎で焼いて光沢をもたせた木綿糸。ガス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガス糸
がすいと

毛羽焼きを行った糸のこと。主として都市ガスを使用するが、そのガスの炎中に糸を高速で通し、表面の毛羽や雑物を焼き取った糸で、おもに綿ガス糸のことをさす。この工程を経ることにより、綿繊維の表面が加熱のためにろう質が柔らかくなり、繊維の結合が強化されることになる。織物の経緯(たてよこ)いずれかの原糸に施されるほか、細番手のカタン糸にもガス焼きを行うことがある。また絹紡糸、あるいは上質の麻糸に施すことがある。こののちにシルケット加工をするが、表面は平滑となり光沢がつく。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガス糸の関連キーワード遠心圧縮機滲出液チェレンコフ放射騒がす底力円板粉砕機流動床乾燥機ギブスの法則フープショットレッグターン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone